楽しい音楽を聴く♪コンセプト

楽しい音楽を聴く。
楽しくなければ音楽じゃない。
しかし、巷にはいかに楽しくない音楽があふれていることか。
そして、楽しい音楽が埋もれていることか。
楽しい音楽を聴く。
それは思索の積み重ねによって生まれるものなのだ。

日向 葵(ひゅうがあおい)

今こそ聴くべき世界の音源を厳選してお届け。
ジャズとワールドミュージックを中心に、
新旧重要音源を効率良く聴く為のレビュー専門サイト。

●新着記事を読む 新着記事(RSSについては)
●音楽ジャンルから探す。 ジャンルリスト
●アーティスト名から探す。 人名索引
ブラジル-MPB

Elis Regina - Essa Mulher

Elis Regina - Essa Mulher
Essa Mulher
Brasil-MPB : ★★★★★

エリス・レジーナ1979年の録音で、邦題は「或る女」。後期の最高傑作といって構わないだろう。長く在籍 し数多の名盤を残したフィリップスからワーナーへの移籍後初となる作品。当時の夫セザル・カマルゴ・マ リアーノが奏者兼副プロデューサーとして参加している。タイトル曲の「或る女」がエリス・レジーナによ って取り上げられた事で作者ジョイスがスターダムにのし上がったのは有名な話。

1.Cai Dentro
2.O Bebado E A Equilibrista
3.Essa Mulher
4.Basta de Clamares Inocencia
5.Beguine Dodoi
6.Eh Hein Rosa!
7.Altos E Baixos
8.Bolero de Sata
9.Pe Sem Cabeca
10.As A Parencias Enganam
   
Elis Regina - Essa Mulher を amazon で検索
Elis Regina を Tower Records で検索
Elis Regina を iTunes で検索
【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年09月21日 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブラジル-MPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
管理人からのお知らせ

掲示板/足跡帳

このサイトに関する要望その他以外にも、何か気軽に書き残していってください。

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年06月23日 | Comment(5) | TrackBack(0) | 管理人からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

ノボス・ナニワーノス 2007/6/17

ノボス・ナニワーノス@Festa do Brasil

-2007/6/17 横浜B.B.ストリート-

ブラジルの情報誌「Banca」が主催するイベント「Festa do Brasil 2007」に参加した。大阪難波のフレーヴォバンド「ノボス・ナニワーノス」が出るという事で熱い夜になりそうだと覚悟はしていたが、今晩も良い意味で予想を裏切ってくれた。つまり、熱いという一言では表現出来ない灼熱のパフォーマンスが待っていたのだ。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年06月18日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

ジョアン・ドナート ライブ 2007/6/16

ジョアン・ドナート ライブ

-2007/6/16 BXホール-

ブラジルのピアニストジョアン・ドナート(Joao Donato)のコンサートに行ってきた。ジョアン・ドナートは物凄く好きなアーティストの1人で、ブラジリアンミュージシャンという枠に囚われない孤高の天才だ。ブラジル音楽だけでも十分面白い要素がつまっているのに、アメリカでモンゴ・サンタマリアのバンドへ参加したり、ジャズはもちろんスパニッシュアメリカの音楽手法まで会得している。今回はジョアン・ドナートの休符とシンコペーションの使いっぷりを堪能すべく会場へ足を運んだ。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年06月16日 | Comment(1) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

Marisa Monte Live

マリーザ・モンチ ライブ オーチャードホール

-2007/5/30-

一言で言うと素晴らしかったです。圧倒的なまでのマリーザ・モンチの歌唱力とカリスマ性が会場全体を包み込んだ名演でした。望まれつつもなかなか実現しなかったマリーザ・モンチのステージ。デビュー当時の無名に近い時期の来日から15年の月日を経て実現したまさに積年の公演でした。低音のミキシングが若干良くなく、ベースやベースシンセの音が気になりましたが、それを凌駕するマリーザ・モンチの歌唱力に圧倒されました。40才を越えたとは思えない瑞々しい歌声。高音域もなかなかのものでした。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年05月30日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。