アフリカ-モルナ/コラデーラ

Cesaria Evora / Voz D'Amor

World-Africa-Morna : ★★★★★
 
 
カボ・ヴェルデから
 
セザリア・エヴォラ、2003年の作品。

アフリカの西450kmに浮かぶ、カボ・ヴェルデ諸島。 ポルトガルの植民地であった過去からポルトガル文化が根付く。 ポルトガル特有の、郷愁に近い情感を意味する「サウダーデ」が ブラジルにおいて「サウダージ」として花開いたように、 カサ・ヴェルデでは「ソダーヂ」として独自の解釈が息づいている。

この特有の情感が各ポルトガル語圏においてそれぞれ音を産んだ。 ポルトガルでファド、ブラジルでサンバやショーロが生まれたように カサ・ヴェルデでは「ソダーヂ」に基づきモルナ、コラデーラが生まれた。

距離的な問題だろうか? 音楽的にもポルトガルとブラジルの中間的な要素が感じられる。 音楽というよりも感情をぶつける音といえるポルトガルのファド。 泥臭いブラジルの地に根付きながら高い音楽性を持つショーロ。 モルナは両者の特徴を併せ持つような音楽だ。

そのモルナにブルージーなテイストを合わせ新鮮な音に仕立てたのが セザリア・エヴォラというわけだ。 パリで録音された今回の作品は、 アットホームな雰囲気が全面に押し出され とても居心地の良い音となっている。 もちろん「ソダーヂ」の泣きのメロディーも健在である。

第46回グラミー賞受賞の大傑作アルバム。 どうぞお聴きになっていただきたい。

1.ISOLADA
 隔離された娘
2.VEROCOADE
 スピード(ヴェロシティ)
3.BRIJO ROUBADO
 祖国の女
4.DJARMAIDI MEU
 奪われたキス
5.MONTE CERA
 私の島,マイオ
6.MONTE CARA
 モンテ・カラ
7.RAMBOIA
 パーティー(トイビンティンにて)
8.JARDIM PROMETIDO
 約束された庭(グリーンフィールズ)
9.NHA CORACAO TCHORA
 心が泣いた
10.SAIA TRAVADA
 巻きスカート
11.POMBA
 鳩
12.MAR DE CANAL
 マル・デ・カナル
13.MILCA TILIDA
 ミルカ・ティ・リディア
14.VOZ D'AMOR
 愛の唄(愛の声)
15.CABO VERDE TERRA ESTIMADA
 カボ・ヴェルデ-尊き大地-
 
Amazon紹介ページはこちら
 
人気blogランキング ←参考になりましたら1クリックお願い致します!
 
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年02月20日 | Comment(0) | TrackBack(1) | アフリカ-モルナ/コラデーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アフリカ-モルナ/コラデーラ

Cesaria Evora / Cafe Atlantico

World-Cape Verde-Morna : ★★★☆☆


モルナとラテン、ブラジリアンの混在の果ては!?

セザリア・エヴォラ、1999年の作品。

パリとハバナで録音が行われた本作はカエターノ・ヴェローゾの懐刀 といわれたチェロ奏者のジャキス・モレレンバウムが編曲に携わり、 現地のキューバのミュージシャンを登用して臨んだ異色の作品。 今までの「ソダーヂ」溢れるモルナの曲の中に、ダンソンやボレロの リズムに乗って朗らかに歌うセザリア・エヴォラの曲が入ってくる。 【続きを読む】

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年12月17日 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ-モルナ/コラデーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。