アフリカ-アフロビート

Fela Kuti / Yellow Fever/Na Poi

World-Africa-Afro Beat : ★★★★☆


激しいまでの反骨精神と政治的主張が込められている

フェラ・クティ、1976年発表の「Yellow Fever」、同じく同年発表 の「Na Poi」の2つのアルバムをカップリングした2in1のアルバム。

激しい政治批判を繰り返し当局から様々な迫害を受けたフェラ・クティ。 その内容は警察や軍隊によって家を焼かれるといった凄まじいもので、 いかに彼の存在が多くのアフリカ人に影響を持っていたかを窺わせる。

元々フェラ・クティは当時流行していたジャズ風ダンスミュージックの ハイライフを演奏するアーティストだった。しかし、英国留学を契機に ジャズやファンクに傾倒しその複合的な音楽アフロ・ビートを生み出す。

英国からナイジェリアに帰国したフェラ・クティはビアフラ戦争中の 1969年、自らのバンド(クーラ・ロビートス)の米国進出を計画する。

このアメリカツアーがフェラ・クティのその後の人生を決定付ける事と なった。すなわち、マルコムXの影響を受け黒人解放運動に強い関心を 寄せるようになったことだ。帰国後、改善しない社会情勢を背景に、 1974年フェラ・クティは自宅周囲にフェンスを張り巡らし始め、 自宅をカラクタ共和国と称して、ナイジェリアからの独立を宣言する。

彼に触発された近隣住民にもこの動きが波及していく事態となって、 当局は前述の通りの暴力による解決に踏み切ったのである。 以後、何度も暴力の応酬と政治批判の歌の創作が耐えることなく続き、 1997年フェラ・クティはエイズの合併症で他界することになる。

ギターのカッティング、フリーキーなサックスと金管、アフロ・ビート の背景には激しいまでの反骨精神と政治的主張が込められているのだ。

1.Yellow Fever
2.Na Poi [1975 Version]
3.Na Poi, Pts. 1-2
4.You No Go Die... Unless

参考文献:ロック世代のポピュラー音楽史
フェラ・アニクラポ・クティ Fela Anikulapo Kuti


*視聴は「リンク4」よりどうぞ

↓清き一票をよろしくお願いします↓
人気Blogランキングに投票する!

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年12月10日 | Comment(10) | TrackBack(2) | アフリカ-アフロビート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。