クラシック-宗教音楽

Mozart:Requiem Dm K.626 (Karajan/Wiener Phil/Anna Tomowa-Sintow)

Classic-Mission Music : ★★★★★


死への葛藤と受容がもたらされた名演

モーツァルト「レクイエム」ニ短調 K.626。カラヤン指揮による ウィーン・フィルハーモニーの演奏。(1986年の録音。)

モーツァルトのレクイエムはいろいろと「いわく」のついた作品で、そのバックグラウンドを覗いてみるのは非常におもしろい。

「魔笛」等の作品の製作に心身ともに疲労困憊していたモーツァルト は、突如灰色の服を着た見知らぬやせ細った背の高い男の訪問を受け、 レクイエム製作を依頼する手紙を渡される。男は、製作依頼の手紙と 多額の前金を持ったのみで、注文主の名前も明かさなかったという。

<モーツァルトは実際この年に亡くなっているのだが、この事をして、 「死の使い」と考えてしまったことは容易に考えられることである。 1791年、モーツァルト35才の時のことである。

しかし、「W.A.モーツァルトのレクイエムの真相と詳細」によると、 実際は「死の使い」なはずはなく、ヴァルゼック伯爵という人物が 亡き妻に捧げるレクイエムのゴーストライターとしてモーツァルトを 選んだ。ということがヘルツォークによって明らかにされている。

「死の使い」の恐怖に怯えてか、過労によるものか、「レクイエム」 作曲は中途にして、モーツァルトの死がもたらされた。彼自身の手で 完成された部分は「入祭唱」と「キリエ」のみであり、その多くは、 弟子達の手によって補完される形となった。

その後の研究によって様々な復元版が製作されているが、最初に補筆 を完成させたのが弟子のジュースマイヤーであった。モーツァルトの 未亡人から補筆の依頼を受け1792年に完成し、翌年モーツァルト の遺族のためのチャリティーコンサートにおいて、初演されている。 現代でもこのジュースマイヤー版が規範版として標準的に使われる。

晩年の作品で、余命旦夕に迫っていたのを感じていたのか、内省的で 非常に深遠な世界を構築している作品である。また、当時教会音楽へ の傾倒(シュテファン大聖堂の楽長代理職に就く等)があったようだが バッハやヘンデルに通じるアプローチも感じられる。しかし、やはり 時代を見据えた斬新な創意に満ちた音作りはモーツァルトならではで 円熟味を増した晩年の作品には更に芯を感じさせるものがある。

この音源では、カラヤン-ウィーンフィルの組み合わせでの演奏だが、 カール・ベーム-ウィーンフィルの組み合わせの演奏も名演として有名。

同じカラヤン指揮、トモワがソプラノのもので、ベルリンフィル演奏 の音源もあるが、ザルツブルグ出身同士のモーツァルトとカラヤン。 そして、オーストリアの交響楽団ウィーンフィルでの録音を推したい。

1.T.INTROITUS Requiem
 (T.入祭唱 レクイエム)
2.U.KYRIE
 (U.キリエ)
3.V.SEQUENZ Dies irae
 (V.セクエンツィア 怒りの日)
4.V.SEQUENZ Tuba mirum
 (妙なるラッパの)
5.V.SEQUENZ Rex tremendae
 (みいつの大王)
6.V.SEQUENZ Recordare
 (憶えたまえ)
7.V.SEQUENZ Confutatis
 (呪われし者)

8.V.SEQUENZ Lacrimosa
 (涙の日)
9.W.OFFERTORIUM Domine Jese
 (W.奉献唱 主イエス・キリスト)
10.W.OFFERTORIUM Hostias
 (W.奉献唱 犠牲と祈りを)
11.X.SANCTUS
 (X.聖なるかな)
12.Y.BENEDICTUS
 (Y.祝せられさせたまえ)
13.Z.AGNUS DEI
 (Z.神の子羊)
14.[.COMMUNIO Lux aeterna
 ([.コムニオ 絶えざる光もて)

Anna Tomowa-Sintow : sopran  Helga Muller Molinari : alt
Vinson Cole : tenor  Paata Burchuladze : bass

Wiener Philharmoniker
Herbert von Karajan : Dirigent



人気blogランキング ←参考になりましたら1クリックお願い致します!

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年12月01日 | Comment(0) | TrackBack(3) | クラシック-宗教音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。