ヨーロッパ-ケルト

Michael McGoldrick / Fused

World-Celt : ★★★★★

Michael McGoldrick/Fused
Fused


ケルトミュージックのコンテンポラリーなアプローチ。

マイケル・マクゴールドリック、2000年録音のソロ2作目。

1990年代あたりからケルトミュージック再評価の動きが活発化 している。チーフタンズなどの大御所はもちろんだが、新世代派の ルナサやカパケイリーといったユニットにおいてはケルトの伝統を 踏襲した上で、新しいケルトミュージックを作る事に成功している。

そのルナサやカパケイリーで重要な役割を果たしてきたのが本作の マイケル・マクゴールドリックである。ルナサでは寧ろセッション ミュージシャンとして参加したという方が近いのかも知らない。が、 いずれにしても各バンドの重要な時期に在籍し、その隆盛の下地を 作った事は確かな事実である。

本作「ヒューズド」は、1996年に発表された初のソロアルバム 「モーニング・ローリー」に次ぐマイケル・マクゴールドリック2作 目のソロアルバムで、在籍しているカパケイリーのメンバーが全面 的に参加している。

マイケル・マクゴールドリックの音楽の特徴は、同じ新世代派でも、 ルナサの徹底したアコースティックサウンドとは趣を異にしている。 ケルトの伝統的な音を基軸にしている事は同じだが、異文化を大胆 に取り込みコンテンポラリーなアプローチを加えるカパケイリーの 手法を推し進めた形となっている。

それは、テクノ・サウンドやレゲエのダブ・サウンドに通じる手法で あったりジャズに通じる手法であったりするのだが、いずれも完璧 なテクニックと解釈の元に使用されている。このため、新興音楽に ありがちな甘さやぬるいアレンジなどは全く感じられない。

21世紀のケルト音楽を牽引する音楽。そう呼ぶにふさわしい音が マイケル・マクゴールドリックの手で我々の元にもたらされた。

1.Watermans
2.James Brown's March
3.The Otters' Set
4.Goodbye Grant
5.Lough Mountain
6.Fisher Street
7.Teehan's
8.Windbroke
9.Buain Na Choirce
10.Ridee
11.Reid's Reels
12.Hip Agus Hop
13.Donal Og

Micael McGoldrick : flute ,pipes ,whistle ,guitar ,etc.

Amazon紹介ページはこちら
リンク1:ヒューズド  リンク2:ヒューズド
リンク3:ヒューズド  リンク4:ヒューズド

↓良ろしかったら啓蒙にご協力下さい↓
人気Blogランキングに一票いれる!

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年11月19日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ-ケルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。