ブラジル-ソフトロック

Sergio Mendes & Brasil'66 / The very best

World-Brasil-Soft Rock : ★★★★★

Sergio Mendes & Brasil'66/The very best
The very best


ブラジル風女性ヴォーカルファン必携の作品。

セルジオ・メンデス&ブラジル'66の1986年発売のベスト盤。

ジャズピアニストだったセルジオ・メンデスがボサノバの潮流に 加わり、やがて独自のポップス(ソフトロック路線)を構築する。 セルジオ・メンデス&ボサ・リオ・セクステットまでの流れである。

セルジオ・メンデス&ブラジル'66に至っては、ほぼその流れが 完成形に近づいており、ラリー・ホールのヴォーカルが生かされ 充実した完成度の高い女性ヴォーカルポップユニットに成長した。

そのセルジオ・メンデス&ブラジル'66から15曲、その後結成 (1971年)したセルジオ・メンデス&ブラジル'77から1曲を ピックアップして作られたのが本作である。

ジョルジ・ベンの有名曲「マシュ・ケ・ナダ」に始まり、アントニオ ・アドルフォやアントニオ・カルロス・ジョビン、ドリヴァル・カイミ の長男のドリヴァル・テトラス・カイミといったブラジル勢の曲。 サイモン&ガーファンクルやビートルズといったポップ/ロック勢、 更にはバート・バカラックミシェル・ルグランといったイージー・ リスニングまで幅広い曲を網羅した本作は、陳腐な表現だが、 音の玉手箱といった装い。

これだけのジャンルの曲を自家薬籠中のものとしてしまうアレンジ術は 驚愕の一言に尽きる。セルジオ・メンデスが単なるポップス専門の アーティストではなく、ポップスをやっているだけで、音楽に深い 造詣のあるアーティストであることが分かる。

今聴きかえしても、とても60年代後半の作品とは思えない程新鮮。 モダンポップカルチャーの再燃とともに、むしろ新しい音といえる。 そんな気さえする珠玉の1枚。どうぞお聴きになってみてください。

1.Mais Que Nada
 (マシュ・ケ・ナダ)
2.Scarborough Fair
 (スカーボロー・フェア)
3.With a Little Help
 from My Friends
 (ウィズ・ア・リトル・ヘルプ)
4.Like a Lover
 (ライク・ア・ラヴァー)
5.Look of Love
 (恋のおもかげ)
6.Night and Day
 (ナイト・アンド・デイ)
7.Fool on the Hill
 (フール・オン・ザ・ヒル)
8.Norwegian Wood
 (ノルウェーの森)
9.Going Out of My Head
 (君に夢中)
10.Look Around
 (ルック・アラウンド)
11.So Many Stars
 (星宵のボサ・ノヴァ)
12.Daytripper
 (デイトリッパー)
13.Pretty World
 (プリティ・ワールド)
14.Wave
 (波)
15.Pais Tropical
 (パイス・トロピカル)
16.Watch what Happens
 (ウォッチ・ホワット・ハプンズ)

Amazon紹介ページはこちら
リンク1:ヴェリー・ベスト・オブ  リンク2:ヴェリー・ベスト・オブ
リンク3:ヴェリー・ベスト・オブ  リンク4:ヴェリー・ベスト・オブ

↓良ろしかったら啓蒙にご協力下さい↓
人気Blogランキングに投票する!

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年11月14日 | Comment(18) | TrackBack(6) | ブラジル-ソフトロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。