ジャズ-ローズ

Deodato / Prelude

Fusion-Rhodes : ★★★★☆


奇才デオダート初のリーダー作

1972年9月にバン・ゲルダー・スタジオにて録音されたデオダートの初リーダー作。プロデューサーはCTIレーベルのクリード・テイラー。斬新かつ不世出のアレンジ能力をもってブラジルからアメリカへ渡り、異国の地で名プロデューサーのクリード・テイラーを虜にしたデオダート。クリード・テイラーがA&Mを去り1971年にCTIレーベルを旗揚げするとデオダートもこれに参加。そして1972年に録音されたデオダート初のリーダー作が本作「Prelude(邦題:ツァラトゥストラはかく語りき)」である。 【続きを読む】

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年08月25日 | Comment(2) | TrackBack(0) | ジャズ-ローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ジャズ-ローズ

Deodato / Love Island

Fusion-Rhodes : ★★★★☆


フュージョン界に一石を投じた名盤

デオダートことエウミール・デオダートが1978年に残したワーナー移籍後初となるアルバム。当時のワーナーが抱える売れっ子プロデューサー、トミー・リピューマとの共同プロデュース。古典的な音作りでフュージョンの原風景を思わせる内容だが、それでいて今尚新鮮な感動を与えてくれるのはデオダートの作編曲の妙といったところだろう。 【続きを読む】

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ-ローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。