ライブレポート

ホルバート・ジュラ・センチメンタル・バンド 来日無料コンサートウィーク中!

現在、東京水天宮ロイヤルパークホテルにて「ハンガリーウィークス2010」と称して「ハンガリーフード&ワインフェア」という催しがひっそりと行われています。ショボイタイトルからして、デパードの催事場かなんかで行われていそうなツマンナイイベントを連想するのですが、これが実は凄い内容のイベントです。

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2010年09月27日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

銀の旋律〜インド古典音楽〜

銀の旋律〜インド古典音楽〜

-2007/11/26 下北沢北沢タウンホール-

インド古典音楽を聴きに下北沢の北沢タウンホールへ行ってきた。先日の東洋大学インド祭でもインド古典音楽を聴いてきたばかりなので、ちょっとは耳が慣れているだろうか?いや、前回はヴァイオリンのスブラマニヤムによるもので、古典といっても亜流なのではなかろうか。それはそれで満足した。しかし今回は、バーンスリーとタブラ、シタールとタブラというオーソドックスなスタイルのようだから、また違った色合いを出すに違いない。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年11月27日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

L.スブラマニアム@東洋大学インド祭

L.スブラマニアム@東洋大学インド祭

-2007/11/17 東洋大学5号館井上円了ホール-

マイミクシのネレ美女史はインド哲学を専攻する才女。関口義人氏の主催する「音樂夜噺」で知り合って以来、その見識の高さに折に触れて教えを授かっている。今日はそんなネレ美女史の専攻するイン哲講座が主催するイベント「東洋大学インド祭」に行ってきた。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年11月18日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

渋谷毅オーケストラ@横浜ジャズプロムナード2007

渋谷毅オーケストラ@横浜ジャズプロムナード2007

-2007/10/7 横浜開港記念会館-

渋谷毅オーケストラを観に横浜ジャズプロムナード2007へ行ってきた。本当は前日の山本剛も気になっていたのだが、こちらは都合により涙を呑んだ。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年10月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

ノボス・ナニワーノス 2007/6/17

ノボス・ナニワーノス@Festa do Brasil

-2007/6/17 横浜B.B.ストリート-

ブラジルの情報誌「Banca」が主催するイベント「Festa do Brasil 2007」に参加した。大阪難波のフレーヴォバンド「ノボス・ナニワーノス」が出るという事で熱い夜になりそうだと覚悟はしていたが、今晩も良い意味で予想を裏切ってくれた。つまり、熱いという一言では表現出来ない灼熱のパフォーマンスが待っていたのだ。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年06月18日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

ジョアン・ドナート ライブ 2007/6/16

ジョアン・ドナート ライブ

-2007/6/16 BXホール-

ブラジルのピアニストジョアン・ドナート(Joao Donato)のコンサートに行ってきた。ジョアン・ドナートは物凄く好きなアーティストの1人で、ブラジリアンミュージシャンという枠に囚われない孤高の天才だ。ブラジル音楽だけでも十分面白い要素がつまっているのに、アメリカでモンゴ・サンタマリアのバンドへ参加したり、ジャズはもちろんスパニッシュアメリカの音楽手法まで会得している。今回はジョアン・ドナートの休符とシンコペーションの使いっぷりを堪能すべく会場へ足を運んだ。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年06月16日 | Comment(1) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

Marisa Monte Live

マリーザ・モンチ ライブ オーチャードホール

-2007/5/30-

一言で言うと素晴らしかったです。圧倒的なまでのマリーザ・モンチの歌唱力とカリスマ性が会場全体を包み込んだ名演でした。望まれつつもなかなか実現しなかったマリーザ・モンチのステージ。デビュー当時の無名に近い時期の来日から15年の月日を経て実現したまさに積年の公演でした。低音のミキシングが若干良くなく、ベースやベースシンセの音が気になりましたが、それを凌駕するマリーザ・モンチの歌唱力に圧倒されました。40才を越えたとは思えない瑞々しい歌声。高音域もなかなかのものでした。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年05月30日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

Silverio Pessoa Ao Vivo

シルベリオ・ペソア スーパーライブ 六本木ヒルズアリーナ

-2007/5/2-

最早ブラジルを語る上でこれを抜きにしては語れない感もある北東部の文化。中でも音楽はあらゆるジャンルにその影響を強く残しており、ボサノバ等も例外ではない。ジョアン・ジルベルトは北東部バイーアの出身で、その演奏スタイルに魅力的な北東部のリズムが組み込まれている事は誰もが知っているところである。 今回、そんな北東部から期待の大型アーティストが来日した。来日決定が直前だった事もあり、業界を震撼させた1つの事件だったともいえる。シルベリオ・ペソアである。 彼のスタイルは北東部の様々な音楽を十分に理解した上で、ロックファンクといった北東部以外の音楽の要素を組み込むというものだ。しかし、軽薄な洋楽志向とは全く異なる。その音には気骨が感じられる。それだけにライブには並々ならぬ期待を持っていた。

【続きを読む】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年05月03日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

Madredeus 2006/12/7

Madredeus 2006/12/7

渋谷オーチャードホール

本日はオーチャードホールにマドレデウスを聴きに行きました。マドレデウスは来年一杯の活動休止を宣言しており、その後の活動が不明確でファンの心中を寒からしめています。この機会を逃したら二度と見ることが出来ない可能性もあり、公演の予定が分かるや否やチケットを申し込んだのを覚えています。 【続きを読む】

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年12月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

Sonia Rosa Live

Sonia Rosa at BlueNote東京 2006/11/22

ソニア・ホーザが現代ブラジル音楽家を引きつれてブルーノート東京にやってくる。その話を聞いたのは随分前のことだ。しかも今回つれてくるゲスト陣はオスカル・カストロ・ネヴィス、ジャイール・オリヴェイラ、ウィルソン・シモニーニャ、ホメロ・ルバンボ。どれも単独ライブを見てみたいアーティストで、ソニア・ホーザをメインに置くことで返って個性がぶつかりはしないか心配なほどだった。 【続きを読む】

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年11月23日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

Joao Gilberto Live 2006/11/9

Joao Gilberto Live 2006/11/9

ジョアン・ジルベルト3度目の来日公演、最終日に行って参りました。正直行くつもりはありませんでした。自分にとっては70年代からせいぜい80年代位までが旬で、盛りをとうに過ぎたアーティストにA席¥10000,S席¥12000も払うのはおかしい。ビッグネームに翻弄されて集金ツアーに大枚をはたくのはアーティストにとっても良くないと思ったからです。しかし、ジョアン・ジルベルトに限ってこの考えは誤っていました。 【続きを読む】

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年11月10日 | Comment(2) | TrackBack(1) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

Gal Costa Live at Blue Note 東京

Gal Costa Blue Note 東京公演

-2006/9/20 2nd Stage-

Blue Note東京へガル・コスタを見に行ってきました。Blue Noteの演奏メンバーの書き込みにギター、ベース、ドラムのほかにサックス奏者がトラックされていたことで一抹の不安を抱えて乗り込んだ訳ですが、予感は的中してしまいました。 【続きを読む】

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年09月21日 | Comment(15) | TrackBack(1) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

小曽根真 The Trio Blue Note東京公演(2006/9)

小曽根真 The Trio Live at Blue Note Tokyo

-2006/9/11 2nd Stage-

今回のザ・トリオのブルーノート東京公演は本日が初日。ステューデントナイトが使えるセカンドステージに行ってまいりました。もちろんクラレンス・ペンが良く見えるステージ向かって右側の席です。今回もいろんなパーカッションが備えてありました。どんなところで(音を)入れるんだろう。どんな変拍子が待っているんだろう。どんなキメが入るんだろう。と、開始前の待ち時間から半ば意識が高揚していました。 【続きを読む】

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年09月12日 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブレポート

Jadranka Stojakovic Live!

Jadranka Stojakovic Live

"Adriatic Sea Balkan Cruse"

アドリア海バルカン・クルーズと題して日本在住のヤドランカ・ストヤコビッチがライブを行った。続きを読む

posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年04月16日 | Comment(4) | TrackBack(1) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。