ジャズ-バイオリン

Stephane Grappelli plays Jerome Kern

Jazz-Violin : ★★★★☆
 
 
陽気でいて洒落たバイオリンの代名詞
 
ステファン・グラッペリ、1987年の作品。

イントロとエンディングがステファン・グラッペリのピアノ という洒落っ気たっぷりのアルバム。

珍しいジャズバイオリンの世界で、 誰もがうなずくトッププレイヤーの座を 守ってきたステファン・グラッペリ。 まさによい意味でのジャズの雑多さを象徴する プレイヤーといえるのではないだろうか。 ヨーロッパのジャズもアメリカと同じくらい 雑多なところがあるのではないだろうか。 ふとそんなことを思わせる一面である。

今回はジャンゴ・ラインハルトとのコンビが有名な ホット・クラブ・オブ・フランス五重奏団の時と同じで、 ヴァイオリン、ベースに2本のギターという構成だ。 テーマはジェローム・カーン。彼のメローなチューンをどう弾くか。 下手したらピンとこないような組み合わせともいえるが、 一聴してグラッペリらしいスインギーで陽気な音 になっているので安心もし、また驚きもする。

今聴いても新鮮なこの音に久しぶりに触れてみて、 1997年に亡くなったグラッペリを思い出してみた。

1.Smoke Gets In Your Eyes
2.The Way You Look Tonight
3.Can't Help Lovin'Dat Man
4.A Fine Romance
5.Yesterdays
6.Ol'Man River
7.All The Things You Are
8.Pick Yourself Up
9.Why Do I Love You
10.I Won't Dance
11.Long Ago And Far Away
 
Stephane Grappelli : violin,piano
Marc Fossett : guitar,vocal  Martin Taylor : guitar
Jack Sewing : bass
Martin Drew : drums  Alf Bigden : drums
Graham Ward : drums
 
 
人気blogランキング ←参考になりましたら1クリックお願いします!
 
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年03月31日 | Comment(10) | TrackBack(1) | ジャズ-バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。