アフリカ-伝統音楽

Africa Shona Mbira Music 2

World-South East Africa traditional Music : ★★★★★
 
 
アフリカ南東部音楽の素晴らしさがつまった作品
 
ポール・バーリナーによる1977年ジンバブエの録音。

ムビラという楽器をご存知だろうか。 ムビラはカリンバの元になった楽器で、カリンバと同様 金属片が複数並列に並べられており、それを指で弾いて演奏する。 主に、アフリカ南東部を中心に多く見られる楽器で アフリカ西部が膜鳴打楽器を中心とするのと対照をなす。 このムビラとガラガラと呼ばれるひょうたん製の楽器を用い 本作品の基本的な音は構成されている。

一見単純そうに見えるこの音が非常におもしろく 引き込まれてしまうのは、その特徴的なリズム手法ゆえだろう。 ここでは3拍子12拍のリズムを 16分音符4×3と、16分音符3×4の2つのリズムを 同時に進行させていく。異なる進行の音が絡み合い、 最小公倍数である12拍の時の共鳴でほっとする。 この一見単純なリズムの合成により 得もいえぬ心地良い音が作られているのだ。

アフリカ南東部で最も芸術に秀でた民族といわれるショナ族の音。 西洋音楽の単一リズムに飽きた方には新鮮に感じられるだろう。

1.仮小屋のための枝伐採
 (a)器楽の抄録T
 (b)器楽の抄録U
 (c)声のパートを含む完全な演奏
2.ダンデ
3.大声で言うだろう(ヴァージョンT)
4.肉と血(オリジナル・ヴァージョン)
5.大声で言うだろう(ヴァージョンU)
6.ライオン
7.森の中の肉
8.偉大なるシャミヌカ
 
Amazon紹介ページはこちら
 

人気blogランキング ←参考になりましたら1クリックお願い致します!
 
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年02月10日 | Comment(6) | TrackBack(2) | アフリカ-伝統音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。