ジャズ-ピアノ

Herbie Hancock / Maiden Voyage

Jazz-Piano : ★★★★★


新しい論理で捉えようとする自然

ハービー・ハンコック、1965年の録音。

1963年から1968年に至るマイルス・デイビスバンドでの活動 において、「ウォーターメロンマン」に代表されるジャズ・ロックの 流れから、モード・ジャズへと傾倒していったハービー・ハンコック。

そのマイルス・デイビスバンド加入2年目に録音された本作は、 正に1960年代、ジャズの主流となっていったモード・ジャズを代表 する作品といえるだろう。

「コード進行からの開放」をテーマにしたモード・ジャズは、奏者の 技量を最大限に生かすことが出来る場である。だが、逆に言うと その演奏にはそれなりの力量が要求されるわけで、当時の主流の音 といえども、それに携わることの出来る人材はそう多くいなかった。 その事は本作の共演者を見てもらえば、分かっていただけると思う。

共演者はフレディー・ハバード(tp)、ジョージ・コールマン(sax)、 ロン・カーター(b)、アンソニー・ウィリアムス(ds)の4人。 ウェイン・ショーターがマイルスバンドOBのジョージ・コールマン になった以外、正に当時のマイルス・デイビスバンドといった面々。

メインバンドとほぼ同じメンバー、クインテットという同じ形態で モード・ジャズが録音されているのである。そういう意味でソロ作品 というよりも、本業を更におしすすめるためのサイドプロジェクトと 捉えた方が本作の正しい理解といえるのかも知らない。

そのモード手法のテーマに挙げられたのが、「処女航海」。 動と静。様々な表情を表す母なる海と、それに向かう真新しい船。 自然の中に文明を象徴する真新しい船が浮かび風景を構築する。 この事は、自然の表す「現象」と人間の理性からくる「論理」の共演 を意味するのではないだろうか。新しい技法であるモード手法を音楽 にもたらした1960年代新主流派の空気が伝わってくるようである。

1.Maiden Voyage
 (処女航海)
2.The Eye Of The Hurricane
3.Little One
4.Survival Of The Fittest
5.Dolphin Dance

Freddie Hubbard : trumpet  George Coleman : tenor sax
Herbie Hancock : piano  Ron Carter : bass
Anthony Williams : drums


↓清き一票をよろしくお願いします↓
人気Blogランキングに投票する!



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年11月29日 | Comment(14) | TrackBack(4) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕もこの「処女航海」は好きで、ジャズを
まだ聴き始めたときに本で紹介されていて買いました。
ブルーノートのハービー・ハンコックは
どのリーダー作も素晴らしいですね。
本当はウェイン・ショーターがサックスで入るはずだったらしいんですが、
マイルスに”俺のバンドと同じじゃないか”といわれて、
ジョージ・コールマンにしたという
うわさも聞いたことがあります。
ジョージ・コールマンでも十分役割を
このアルバムではたせてる感じがします。
またよければ僕のブログを見てくれる(書き込んでくれる)とうれしいです。
では。
Posted by しゃいろ at 2005年12月02日 00:15
>しゃいろさん、こんばんは。
処女航海はなかなか良いアルバムですよね。名盤といわれるだけあって、ただ良いというだけでなく万人に認められる普遍性も持ち合わせているように感じます。単にポップというのでなく、普遍性をもっているという事は、音楽を作るにあたってこれほど音楽家冥利に尽きるものはないのではないでしょうか。
しゃいろさんのサイトはおもしろいのでまた伺わせていただきます!
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月02日 00:26
はじめまして。ションです。
TBありがとうございました。
人名検索なんかもあって、自分としても音楽の視野を広げたい今日この頃ですのでとても参考になります。また遊びに来ますね♪
Posted by ション at 2005年12月03日 01:51
>ションさん、おはようございます。
このブログは広く浅く音楽を取り上げる事で、いろんな音楽に触れるきっかけを作れたらと思い立ち上げました。過去の記事も出来るだけ検索しやすいよう工夫しているつもりです。レビューのリクエストもお受けしていますのでよろしかったら掲示板/BBSまでどうぞ!
掲示板/BBS
http://www.mym-hp.com/user-bbs/sr2_bbss/sr2_bbss.cgi?952ponty
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月03日 05:19
TBありがとうございます。
なかなかJAZZとかワールドミュージックというのはとっつきにくいイメージあがありますのでこちらのコンセプトは素晴らしいですね。フジロックなどをみてますと愛好家が増えてきている印象は受けるのですが、じぶんも勉強させて頂きたいと思っております。
Posted by psychofile at 2005年12月03日 20:36
>psychofileさん、こんにちは。
「とっつきにくい」と思ってしまうのは「馴染みがない」という事から来るのかと思っているのですが、「馴染みがない」ということは「その分野に対する知識が少ない」つまり「それに触れる事で得る物が大きい」ということも言えるのではないでしょうか。「とっつきにくい」という気持ちを少しでも和らげるようなサイトを作っていけたらと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月05日 16:16
宣伝書き込みでいやな目にあぅたことがあったものですから、コメント欄を停止していたのですがメールまでいただけてありがとうございます。

JAZZの歴史やマイルス、ジャコのライブの様子などは映像などで観てはいるのですが、個々の作品などには疎いところがあったりしますのでこちらのレビューを参考にいい出会いを見つけさせていただけたらと思っております。クラシックなんかもまさに「馴染みがない」なんですよ。いい音楽への機会を広げてくださることに期待いたします♪
Posted by psychofile at 2005年12月06日 20:48
>psychofileさん、こんばんは。
いろいろな角度から音楽を見つめてみるのも楽しいものです。音楽の話をしたり、文章を読んでみたりすると、「その人の数だけ聴き方があるものだなぁ。」と思います。ここでのレビューは客観的な内容に務めているのでそこまでの域には到達できませんが、コメント欄では個人的な見解も述べようと思っています。クラシックはもちろん世の中にはまだまだ聴いた事のない素晴らしい音楽が眠っています。どうぞこのサイトがその一端に触れるきっかけに慣れればと思っています。
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月06日 22:20
TBありがとうございます。
pontyさんだったんですね。

ハービー ハンコックを聴いている方って、やっぱりジャズ好きな人のが多いのかな?
私のブログをTBしてくださった人は、みんなジャズつーの人ばかりで・・。

pontyさん、CDは どのくらいの枚数あるのですか? ちなみに私は、43cm×43cmの中に110〜120枚くらい入っています。
最近は、CD用の箱(?)に入りきれずに立てかけているので 早く次の箱を買わないといけないんです。私がロックにはまったのは 7年前ですから、7年で120枚程度じゃ 全然ペース遅いですね。まぁ、主婦だから欲しいCDの中から厳選して(笑)買ってるわけです。

CDに 月にいくらくらい割いてます?

Posted by mafin at 2005年12月09日 21:50
●mafinさん、こんばんは。
枚数ですかぁ。恥ずかしいのであんまり言えないのですが、1500枚〜2000枚位だと思います。ジャンル分けしてダンボールにつめられていますw。最近は結構大人買いをしてしまうのですが、図書館を使うというのが非常に経済的でおすすめです。なにしろタダですから。しかも結構レアな音源があったりしておもしろいところです。よかったら一度のぞいてみて下さい。図書館毎に在庫に傾向があったりするので、地域の中でも趣味の合う図書館を探してみたり時間があれば結構楽しいですよ。
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月11日 22:43
1500?2000?
それは すごい。何年がかりで収集したんでしょうね〜〜。でも それは 立派な財産ですね。

図書館にCDが置いてあるのですか?
まったく知りませんでした。横浜の図書館も置いてありますかね?最近、まったく図書館にはご無沙汰です。

pontyさん、ライヴにも行ってるのですよね? どなたかと一緒に行くのですか?
私も、ロックのライヴに行くことがあるけど、いつも一人なんです。ロックのライヴに一緒に行く人が欲しいですよ。私の世代で ロックの話をする人が 私の側には全く居なくて ホント寂しいです。
Posted by mafin at 2005年12月13日 21:22
●mafinさん、こんばんは。
図書館のCDはすごいですよ。私は新宿区なのですが、最寄の図書館にはクラシック中心にかなりの数の音源が揃っています。それもどう考えても個人的な趣味としか思えないようなマニアックな音源がちらほら見られます。欲しいものが置いてあるとは限りませんが行ってみるとこんなものが置いてあるんだ!と、感動する事が良くあります。横浜の事情は分かりませんが行く価値アリだと思いますよ。どうせタダですし。
音楽は自分も1人で行く事が多いです。どうせ演奏中にしゃべれないので1人でも複数でも同じかななんてw。
ロックは自分も高校時代くらいには良く聴いていたのですが最近はさっぱり分かりません。どんなアーティストがいるのですか?
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月14日 05:40
横浜の図書館にもCDが置いてあるのかな〜?
実は かなり半信半疑(笑)。
でも 今度必ず見てみます。
聴きたいものが ただで聴けるのなら それに越したことはないですものね。

ロックは 誰を聴いていました?
私は 基本的にギターが好きなんだと思います。それも ロックなギター(笑)。友達は押尾コータローにはまっていますが、私は そのギターには はまりませんでした。
あとは、Voの声の質とか。

今、車でガンガンきいているのは、ロックだけじゃなくて R&Bやポップスも聴いています。
ROOSTER
BACKSTREET BOYS
LUTRICIA MACNEAL
CRAIG DAVID
ステレオ フォニックス

pontyさんは、きっと 外国語が堪能だから
色んなジャンルも楽しめるのかもしれないですね。私は ロックを聴いていても 楽曲とVoの声に惹かれてるだけですから。本能だけで聴いてます(笑)。 
歌詞が ちょっとひどくて(多分)も 曲が妙に切ない曲もあったりして。

私は できるならLiveには 連れだって行きたいですね。live中は 1時間半ずっとジャンプしてる状態だけど、一人じゃ 寂しい(笑)。それと、終わった後に、お供の人と感動を分かち合いたい(笑)。
もっと ホントの理由は、中年のおばさんが一人で ロックのliveに行くのが恥ずかしい。
Posted by mafin at 2005年12月15日 08:33
●mafinさん、こんばんは。
ロックに関しても雑食で、何でも聴きましたよ。'60〜'00位まででしょうか。ブラック・サバスとキング・クリムゾンが好きでした。ライブ後の談笑は楽しいですよねw
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月16日 03:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Herbie Hancock: POSSIBILITIES
Excerpt: The Delightful Tastes of Autumn 秋の夜長には、おいしいコーヒーと心地よい音楽を http://www.starbucks.co.jp/ja/promotions_g..
Weblog: iPOD 音楽日記
Tracked: 2005-12-02 10:24

ハービー・ハンコック「処女航海」
Excerpt: 試聴あり 海をモチーフにロックアルバムを作れと言われたら、 ハービー・ハンコックなら作れるだろうな。 8ビート16ビートで、バシバシ疾走するヤツ。 ビーチ・ボーイズも真っ青。 一時..
Weblog: 人生は音楽だ
Tracked: 2005-12-04 15:08

音遊
Excerpt: 「結婚するならギタリストかパーカッショニストがいい」  (楽器が持ち運びできるから) って友達が言ってたけど、 そう思えてしまうのも少しわかった出来事。 人間って、音っていう表..
Weblog: TheHybridCenter
Tracked: 2005-12-05 13:14

ハービー・ハンコック 「スピーク・ライク・ア・チャイルド」
Excerpt: キース・チックときたらハービーハンコックの事 を書かなきゃ片手落ちだと思い (キースやチックと同じ)3羽ガラスの 一人ハービーのレビューを ○ハービー・ハンコック 「スピーク・ライ..
Weblog: 二律背反な日々
Tracked: 2006-02-05 07:20
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。