ジャズ-ピアノ

Bill Evans, Jim Hall - Undercurrent

ビル・エヴァンス、ジム・ホール - アンダーカレント
Undercurrent
Jazz-Piano,Guitar : ★★★★★

ビル・エヴァンスジム・ホールによるピアノとギターのデュオ作品。1962年4月24日と5月14日の2回に渡るセッションの模様が録音されている。スコット・ラファロの突然の死に対する悲しみ、築きあげてきたインタープレイの更なる発展への模索・苦闘ぶりが滲み出ている。刹那的で儚くも美しい旋律の数々は、その後の更なる悲劇的結末への序章に過ぎない。

1.My Funny Valentine
2.I Hear a Rhapsody
3.Dream Gypsy
4.Romain
5.Skating in Central Park
6.Darn That Dream
7.Stairway to the Stars
8.I'm Getting Sentimental over You
9.My Funny Valentine [Alternate Take]
10.Romain [Alternate Take]
   
ビル・エヴァンス、ジム・ホール - アンダーカレント
ビル・エヴァンス、ジム・ホール - アンダーカレント
ビル・エヴァンス、ジム・ホール

1961年7月6日、スコット・ラファロが交通事故で他界する。ビル・エヴァンスの目指すインタープレイを支えていた支柱が失われた瞬間だった。音楽的対話というアプローチ。それを具現したビル・エヴァンス・トリオはたった4枚のアルバムを残して終焉を余儀なくされたのだ。

本作は当時エラ・フィッツジェラルドのバックバンドとして活躍していたジム・ホールとのデュオ作品で、ピアノとギターによるインタープレイを聴く事が出来る。デュオのため一方が主旋律を弾けば、自然と他方はバッキングプレイになる。ある意味最も簡素化された形態であり、インタープレイの原風景といえるのかもしらない。

しかし、たった2人であっても音の幅に狭さを感じる事はない。両者の掛け合いの下に次々と展開していく楽曲は失ったベーシストのものとはまた異なる世界観を創造している。内省的なビル・エヴァンスの演奏は悲愴さを増し、絶望の中に灯る一筋の光源のような情景を連想させる。

ビル・エヴァンスの最高傑作といったらスコット・ラファロとのリヴァーサイド4部作であろうし、ジム・ホールの最高傑作はアランフェス協奏曲かもしらない。でも、本作の妖しくも美しい様はなんたることだろうか。敢えて私は「Dream Gypsy」と「Romain」を推したい。

Bill Evans : piano  Jim Hall : guitar

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページジャズ-ピアノビル・エヴァンス,ジム・ホールアンダーカレント



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2008年02月19日 | Comment(1) | TrackBack(0) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
突然のご連絡失礼いたします。
ヘッドフォンちゃんねる.ch、管理人の田中洋と申します。

サイト名:ヘッドフォンちゃんねる.ch
URL:http://headfone.topicsc.com/
紹介文:ヘッドフォンのレビューサイト。最安値価格、価格比較、などヘッドフォ
ン購入の目安になる情報が満載。
(※紹介文は修正していただいてもかまいません。)


この度は、相互リンクのお申し込みのため御連絡させていただきました。

既にこちらのサイトの方にはリンク(http://headfone.topicsc.com/link/music7.html
)を設置して紹介させていただいております。

よろしければ相互リンク宜しくお願い申し上げます。

田中洋
Posted by 田中洋 at 2009年11月13日 21:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。