ジャズ-ピアノ

Gil Goldstein Trio - Time Remembered - Tribute to Bill Evans

ギル・ゴールドスタイン・トリオ
タイム・リメンバード〜ビル・エヴァンスに捧ぐ
Time Remembered
Tribute to Bill Evans
Jazz-Piano : ★★★★★

ギル・ゴールドスタイン、2000年12月7日、ニューヨークのカレントサウンドスタジオでの録音。タイ トル通りトリビュート作で、ビル・エヴァンスゆかりの曲がセレクトされている。一聴してビル・エヴ ァンスへの敬愛に溢れた作品だが、タイトルとジャケット写真に騙されてはいけない。本作はギル・ゴールドスタインの奇才振りが常に見え隠れしている隠れた名盤である。ちなみにサイドメンバーも豪華 で、ベースはジョン・パティトゥッチ、ドラムスはアル・フォスターが務める。

1.Time Remembered
2.Moon Over The Desert
3.Five
4.Turn Out The Stars
5.Loose Bloose
6.Your Story
7.12 Tone Tune
8.Like Someone In Love
9.Solar
10.Waltz For Debby
   
ギル・ゴールドスタイン・トリオ
タイム・リメンバード〜ビル・エヴァンスに捧ぐ
ギル・ゴールドスタイン・トリオ
タイム・リメンバード〜ビル・エヴァンスに捧ぐ
ギル・ゴールドスタイン

ジャズ界に革命的な足跡を残した白人アーティスト、ビル・エヴァンス。1950年生まれのギル・ゴールドスタインにとって1980年に亡くなったビル・エヴァンスは、正にリアルタイムに存在していたジャズ界の至宝といえるだろう。実際に仕事をした事もあったようで、ギル・ゴールドスタインの著作「ジャズコンポーザーズコンパニオン」の監修と序文はビル・エヴァンスによるものらしい。マンデーナイトオーケストラでギル・エヴァンスをうならせたギル・ゴールドスタインの知的で創造性に溢れるプレイのルーツがビル・エヴァンスにあったとしたら?そんな疑問に答えてくれるのが本作品である。

全体的にしっとりとしていてリリシズムに溢れている、それでいて美しくもはっとさせられるコード進行はビル・エヴァンスを連想させずにはいられない。1曲目「タイム・リメンバード」や6曲目「ユア・ストーリー」等はその典型で、最終曲の「ワルツ・フォー・デビィ」へと導かれる。ここでギル・ゴールドスタインはピアノをアコーディオンに持ち替え、独奏でビル・エヴァンスへの想いを語る。感動のクライマックスといえるだろう。

しかし、本作が他に山ほどあるビル・エヴァンストリビュート作品と全く異なっているのは、単なるビル・エヴァンスのカヴァー集でもなければ、ビル・エヴァンスのコピー演奏アルバムでもないところにある。それは5曲目「ルース・ブルース」、7曲目「12トーン・チューン」等に現れている。「ルース・ブルース」は名の通りブルース形式を逸脱しつつもブルース調に作られた曲で、ネットリとしたジョン・パティトゥッチのベースとアル・フォスターのレガートがギル・ゴールドスタインのピアノと絡み合い聴くものを離さない魅力を持っている。一方、7曲目「12トーン・チューン」はシェーンベルクの12階音楽を応用したビル・エヴァンスの曲。既成音楽理論を否定した上での調和という難題に更なる新しい解釈を与えている。

実験的で創造性溢れる編曲と演奏をしておきながら、聴くものに難解さを感じさせない。聴くたびに新しい発見がある。正に名盤といえると思う。

Gil Goldstein : piano  John Patitucci : bass  Al Foster : drums

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページジャズ-ピアノギル・ゴールドスタインタイム・リメンバー ド〜ビル・エヴァンスに捧ぐ



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年10月02日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。