ブラジル-MPB

Elis Regina - Essa Mulher

Elis Regina - Essa Mulher
Essa Mulher
Brasil-MPB : ★★★★★

エリス・レジーナ1979年の録音で、邦題は「或る女」。後期の最高傑作といって構わないだろう。長く在籍 し数多の名盤を残したフィリップスからワーナーへの移籍後初となる作品。当時の夫セザル・カマルゴ・マ リアーノが奏者兼副プロデューサーとして参加している。タイトル曲の「或る女」がエリス・レジーナによ って取り上げられた事で作者ジョイスがスターダムにのし上がったのは有名な話。

1.Cai Dentro
2.O Bebado E A Equilibrista
3.Essa Mulher
4.Basta de Clamares Inocencia
5.Beguine Dodoi
6.Eh Hein Rosa!
7.Altos E Baixos
8.Bolero de Sata
9.Pe Sem Cabeca
10.As A Parencias Enganam
   
Elis Regina - Essa Mulher を amazon で検索
Elis Regina を Tower Records で検索
Elis Regina を iTunes で検索

本作「或る女」には唐辛子とあだ名されたエリス・レジーナの姿があるだけではない。アルバム全体として徐々に寂しくもしっとりした曲調になっていく。まるで1982年に突如訪れる別れを示唆するかのように。1曲目のバーデン・パウエル作曲「サンバに夢中」などは寧ろそのための布石といえるのかもしれない。前半のクライマックスは2曲目ジョアン・ボスコとアルヂール・ブランキによる「酔っ払いと綱渡り芸人」、そして3曲目ジョイスによる「或る女」によってもたらされる。

「酔っ払いと綱渡り芸人」におけるアコーディオンの叙情的なイントロとエンディングは、後にジョアン・ボスコ自身がチャップリン作曲の「スマイル」を用いた手法と似ている。セザル・カマルゴ・マリアーノの編曲センスが堪能できるナンバーといえるだろう。一方「或る女」は作者のジョイス自らがギターで参加している刹那的で美しくもはかない曲。ジョイス自身による録音が「フェミニーナ」やエリス・レジーナへの追悼作品「宇宙飛行士」に収められているので是非聴き比べていただきたい。

8曲目「悪魔のボレロ」はギンガとパウロ・セザル・ピニィエロの共作。美しいバックコーラスとまったりとした伴奏の中で朗々と歌うエリス・レジーナの声に胸が詰まる思いがする。9曲目「できそこないの風景」はドリヴァル・カイミの息子ダニーロ・カイミ作曲。テンポよい展開の中に深遠な世界観が表現されている。10曲目「表と裏」はあまりにも寂しい曲。エリス・レジーナの歌声はセザル・カマルゴ・マリアーノのピアノ、ルイザォン・マイアのベースと絡み合い悲愴な終焉を迎える。

Elis Regina : voz  Edmundo Maciel : trombone
Cesar Mariano : piano  Yamada : piano
Joyce : violao  Helio Delmiro : guitarra
Luizao : baixo  Paulinho Braga : bateria  etc.

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページブラジル-MPBエリス・レジーナ或る女



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年09月21日 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブラジル-MPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
まさに後期の最高傑作ですね
いろんな意味でエリスらしいところが満載で個人的にも思い入れの強い一枚です
もっともっとたくさんの人に聴いてほしいアルバムですね
Posted by col at 2011年05月08日 16:33
●colさん
エリス・レジーナの素晴らしさは彼女の感性の豊かさにあると思います。コンポーザーではないのであくまで他人の作った歌をうたいます。でも、曲に込められた思いを楽譜の裏の裏まで理解した上で、持ち前の激しい情感を持って歌い上げます。このストレートな音楽表現を前にすると、テクニックとか音域とかそんなものを論じるのはくだらないと思ってしまいます。本当に突き抜けるように痛快で感動します。

本作はブラジル音楽を本格的に聞き始める前にたまたま買った作品ですが、ダビングしたテープが擦り切れるまで聴いたのを思い出します。私にとっては「ブラジル音楽の中にショーロでもボサノバでもサンバでもない無数の素晴らしい音楽が沢山ある。」と気付いていく事になったエポックメイキングな作品でした。

エリス・レジーナは当時の様々な作詞家、作曲家の作品を取り上げてきました。彼女を聴く事で、その作詞家や作曲家を辿っていくと容易に当時のMPBを知る事が出来ます。また、現在でも彼女の曲をカバーするアーティストが多く、現在のブラジル音楽シーンを知る窓口ともなります。

バブル期に日本のワールドミュージック市場は潤い、様々な国のアーティストによるアルバムが日本盤として発売されました。その為、当時活躍していたアーティストは今でも日本で馴染があります。でも、現在ブラジルで聴かれている音楽は当時の音楽を聴いて育った世代で面白い音楽が沢山あるにも関わらず、日本不況の煽りで日本盤は作られずアーティストもほとんど来日しませんので、日本人は耳にする事が出来ません。そもそもレコード屋に置いていないのですからしょうがないですよね。

食や音楽は文化を知るのに敷居の低いツールです。それをきっかけに更に深い理解へとつなげていければ、日本も楽しい国となるのではないかと思っております。

楽しい音楽を聴く♪管理人 日向葵
Posted by 日向 葵(Aoi Hyuga) at 2011年05月11日 15:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。