ブラジル-ボサノバ

Casa da Bossa Homenagem A Tom Jobim

Casa Da Bossa
Casa da Bossa
Brasil-Bossa Nova : ★★★★★

アントニオ・カルロス・ジョビンボサノバを現代ブラジルミュージックシーンの中心人物達が演奏する。最新の録音技術でボサノヴァを聴くことが出来るだけでも貴重な中、こんな企画ものCD及びDVDが2006年にリリースされた。めくるめく夢のような出演者達。MPB-4レニー・アンドラーヂなど往年の歌手達の名前もある。全編に渡って編曲とギターを担当するのは、オスカル・カストロ・ネヴィス。クラシックナンバーとなった名曲達が新しい解釈で我々の前に再び姿を現した。

 
1.Aguas de Marco / Leandro Braga
2.Aguas de Marco / Sandy & Junior
3.So Danco Samba / Paula Lima
4.Dindi / Jorge Vercilo
5.Brigas Nunca Mais / Roberta Sa
6.Se Todos Fossem Iguais A Voce / Leny Andrade
7.Modinha / Fernanda Porto
8.So Tinha De Ser Com Voce / Pedro Mariano
9.Por Causa De Voce / Orlando Morais
10.Luiza / Luciana Mello
11.Chega De Saudade / MPB-4
12.Caminhos Cruzados / Isabella Taviani
13.Este Seu Olhar / Luiza Possi e Oscar Castro Neves
14.Garota De Ipanema / Negra Li
15.Corcovado / Thedy Correa
16.Wave / Marjorie Estiano
17.Ela E Carioca / Os Cariocas
18.Samba Do Aviao / Wilson Simoninha
Casa da Bossa を amazon で検索 Casa da Bossa を tower records で検索

全体的にいえることだが、編曲に斬新な点はほとんどない。MPB-4オス・カリオカス等グループの場合は独自でアレンジしているが、基本的にはオスカル・カストロ・ネヴィスが最も有名な録音に忠実なアレンジを施している。それだけにアーティストの歌唱力のみがモノをいう、歌手にとっては厳しい仕様である。 しかし、さすがに選ばれたトップアーティスト。程度の差こそあれそれぞれの個性を発揮している。特に女性陣は素晴らしく、引き込まれそうなまでの明確な世界観に圧倒される。フェルナンダ・ポルトなんてあまり良いと思った事はなかったが、ここでの歌唱力は賞賛に値する。額にシワを寄せて歌うモヂーニャはハマリ役で、ドラムンベースなんて止めてこの手の方向に転換したらどうかと思うほどである。あと、イザベラ・タヴィアニは素晴らしかった。豊富なキャリアから繰り出される圧倒的なインパクトは聴覚のみならず視覚にも訴える。 逆に若干インパクトが薄いのが男性陣。オルランド・モライスウィルソン・シモニーニャは素晴らしかったが、それ以外はもう一つ元気が無い。それを反映してか、男性ヴォーカルの時は挿入される風景画像の時間が長いように感じられた。

MPBのアーティストはボサノヴァを歌わせた時の事をある程度想定出来るが、ここでは様々なジャンルのアーティストがボサノヴァを歌う。それだけにサンディ&ジュニオルパウラ・リマペドロ・マリアーノルシアーナ・メロネグラ・リーウィルソン・シモニーニャは特に注目していた。ネグラ・リーは期待が大きかっただけにもう一つといった感じだったが、悪くは無い。それ以外は全体的に素晴らしかった。特にサンディ&ジュニオルのサンディは、エリス&トムエリス・レジーナが歌ったのとほぼ同じアレンジの中で際立った個性を発揮していた。この若さでこれだけの歌唱力を持った歌手である。今後に大きな期待を出来ると思う。ポップスから離れても十分やっていけると思う。その動向にも注目してみたい。

全体を通してみて、まずご覧になって損はない作品に仕上がっていると思う。過去と現在のボサノバを聴き比べることが出来るという点でボサノバに詳しい方にも満足していただける作品だと思うし、ボサノバ初心者の方の導入にも配慮されたわかりやすい構成となっている。是非機会を見つけてご覧になっていただきたい。あっという間に時間が経ってしまうことだろう。

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページブラジル-ボサノバCasa da Bossa Homenagem A Tom Jobim



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年04月19日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル-ボサノバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。