ブラジル-エレクトロニカ

Patife / Na Estrada

World-Brasil-Drum'N Bass : ★★★★☆


ドラムンベースフォーマットのラウンジミュージック

パチーフェ(Dj パチーフィ)2006年発表の3作目。ドラムンベースのフォーマットで展開するラウンジミュージックというコンセプト。レーベルメイトのウィルソン・シモニーニャとマッドズー、更にはコルテージョ・アフロ、クリーヴランド・ワトキンス、ジャスティナ・カーティス、MC ファッツ、ジャヴァンの息子であるマックス・ヴィアナ等、ブラジル国内外から多数のゲストを呼び作成された。

ブラジルミュージックシーンにおいてドラムンベースフォーマットのラウンジミュージックというと、カレイド・スコーピオ(現カレイド)やフェルナンド・ポルト等が思い当たる。フェルナンド・ポルトはパチーフェによる「Sambassim」のリミックスが大きな反響を得るなどパチーフェと近しい印象がある。彼らを好むリスナーにとっては本作も好印象なのではないだろうか。

一方でカレイド・スコーピオやフェルナンド・ポルトがアルバムの中でブラジルのスタンダードナンバーを取り上げ明確にブラジルを意識させたアルバムを作る傾向にあるのに対し、Dj パチーフェは逆にブラジリアンドラムンベースの枠から飛び出そうとしているように感じられる。そこには良くも悪くもブラジルという肩書きを取り払った素のままの音楽を追求するパチーフェのスタンスがあるのかもしらない。

ドラムンベースであるが生音をふんだんに用いる。いかにもなブラジルのナンバーを入れるでもなく、スティービー・ワンダーの「Overjoyed」取り上げてみたりする。それでいて背景にはブラジルのエッセンスが詰まっている。なかなか面白い。とても聴きやすいので幅広いリスナーに支持される作品といえるだろう。

1.Diariamente
2.Overjoyed
3.Enigma
4.Lovin U
5.Que Pena
6.Midnighter
7.The Secret
8.Forgiven
9.Link
10.Made in Bahia
11.Que Isso Menina
12.Midnighter(Dj Remix)
13.Overjoyed(Club Version)
*こちらから試聴出来ます。→Dj Patife / Na Estrada -Trama-


Amazon紹介ページはこちら

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。



【ブラジル-エレクトロニカの最新記事】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2007年01月21日 | Comment(2) | TrackBack(1) | ブラジル-エレクトロニカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブラジルにもエレクトロニカって
あるんですね。
BGMに最適系ですか?
Posted by N.Kojima at 2007年01月26日 21:41
●N.Kojimaさん
ブラジル特有の音楽以外に、ロックやポップスそしてジャズやエレクトロニカ等、一通りのジャンルがあります。Dj Patifeはブラジル国外でもとても人気のあるアーティストで、このアルバムはドラムンベースといってもとてもソフトなラウンジミュージックです。好みにもよりますがBGMにはとても向いた音楽だと思います。良かったら聴いてみてください。
Posted by 日向葵(ponty) at 2007年01月27日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DJ PATIFE / NA ESTRADA
Excerpt: 試聴 ブラジリアンドラムンベース、 DJ PATIFE最新作アルバム。 ジャケ通りの爽やかさ。 最近ブラジリアンものが 気になる 気になる。
Weblog: DEEP SOUL
Tracked: 2007-01-22 17:42
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。