ブラジル-ソウル/R&B

Jair Oliveira / 3.1

Jair Oliveira / 3.1
3.1
World-Brasil-MPB : ★★★★★

ジャイール(ジャイルジーニョ)・オリヴェイラ、2003年リリースの4thアルバム。アルバム全体に渡ってアコースティックギターを用いているのが1つの特徴といえる作品。しかし単なるアンプラグドものとは異なり、様々なリズム、ブラスセクション、ストリングス、打ち込みといった趣向を凝らし、アコースティックギターの可能性に果敢に挑戦した広がりのある音世界を構築している。

1.Contigo Sempre -Abertura-
2.A Ladeira Leva
3.Coisas Faceis
4.Ahjo Guardiao
5.Sorriso Insistente
6.Eterno Amor de Um Dia So
7.Sete Pulos
8.Sozinho Sem Solidao
9.Todo Mundo Famoso
 Recado em Tom Major
10.Pacote Pacoto
11.Fome Danada
12.Negra Sedutora
13.Lingua Quente
14.Arrepios
15.Sem Sol,Sem Cobertor
   
Jair  Oliveira を amazon で検索
Jair  Oliveira を Tower Records で検索
Jair  Oliveira を iTunes で検索

ファンキーなサンバソウルあり、メロウなバラードあり、ジャズボサノヴァテイスト溢れる曲あり、クラブミュージック調の曲やアフロブラジルへのアプローチもみられる。それらがアコースティックギターを使用することによって少しも趣向が変えられることなく、むしろ圧倒的なグルーヴ感を生み出し次々に聴く者の前に提示される。既成のジャンルに強引にアコースティックギターを使用したという印象は感じられない。アコースティックギターの個性が失われているわけではなく、今まであまり聴いたことのないような創造力溢れる使われ方がされている。これによって既成のジャンルのエッセンスを用いた新たな音のうねりが生み出されている。

アコースティックギターの話が長くなってしまったが、音楽の中に融和しているアコースティックギターの音はこの作品を聴く上で本来重要ではない。アイデア溢れる使い方をしてはいるが、そこに重きを置いた作品ではないのだ。むしろ各パートが統合性を持って存在しており、相乗的なエネルギーを放出している。決してギターが浮いた作品ではない。セザル・カマルゴ・マリアーノ(phodes)、オットー(vo)、カジュー&カスターニャ(vo)がゲストとして呼ばれ、このうねりの中に一つの個性を発揮している。

奥が深い故に多少難解さも持ち合わせているともいえる。ジャンルもなんと表現したら良いか良く分からない。しかし、難しい事をやっていてもジャイール・オリヴェイラ独特のセンスで、聴いていて疲れるような印象は全く抱かせない作品に仕上がっている。圧倒的な完成度を誇る名盤の名にふさわしい傑作といえる。最後になるが、Tramaレーベルから本作の続編とも思われる「3.2」という作品がWeb上で公開されている。よろしかったらこちらも合わせてお聴きいただきたい。→こちら

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページブラジル-ソウル/R&Bジャイール・オリヴェイラ3.1



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年11月14日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル-ソウル/R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。