ヨーロッパ-ファド/ポルトガル

Maria Ana Bobone / Luz Destino

Maria Ana Bobone / Luz Destino
Luz Destino
World-Portugal-Fado : ★★★★★

マリア・アナ・ボボン(ヴォイス),リカルド・ロシャ(ギターラ),ジョアン・パウロ(ハープシコード),マリオ・フランコ(コントラバス)の4人により、1997年ポルトガルのリスボンで録音された作品。ヨハン・セバスチャン・バッハアーノルド・シェーンベルクをこよなく愛するリカルド・ロシャによるアレンジで、ハープシコードを用いた古典的なバロック様式のアプローチから12階音楽を用いたクラシック現代音楽風のアプローチまでをファドに取り入れたバロック・ファドを展開している。

1.Fado Cigano
2.Fado Azenha
3.Fado Correeiro
4.Dueto
5.Leve, Breve, Suave
6.Oue Deus Me Perdoe
7.Sabe-Se La
8.Fim
9.12°Degrau
10.Fragmentacao Em Ornamento
11.Fado Cravo
12.Tres Bairros
13.Fado Nao Sei Quem Es
14.Sao Miguel
15.Frenesi
16.Improvisacao
   
Maria Ana Bobone を amazon で検索
Maria Ana Bobone を Tower Records で検索
Maria Ana Bobone を iTunes で検索

マリア・アナ・ボボンはその透明度の高い歌唱でファドとクラシックの間に架け橋をつなぐ事に成功したアーティストである。今、猥雑とした場末の歌謡だったファドが洗練され、芸術として認められようとしているのだ。

録音当時21才だったマリア・アナ・ボボンリカルド・ロシャがファドの芸術性獲得の第1歩としてまずクラシックとのクロスオーヴァーを図ったのは単に自分の好みのアーティストだったというだけではないだろう。バッハシェーンベルクというクラシックでも最も古典的なアーティストと現代的なアーティストの要素を作品に込めることで、ファドの柔軟性が音楽的解釈に対して普遍性を有していることを示したかったのではないだろうか。

実際、本作は一見実験的とも思われるこの試みが、単なる実験に終わらずに見事に調和の取れた完成度の高い作品となっている。これは、バロックでもなく現代音楽でもなくファドなのだ。ファドという音楽スタイルの中にこれらのエッセンスを余すことなく詰め込むキャパシティーを見せてくれた。

マリア・アナ・ボボン。ファド新時代のアーティストとして最も芸術性の高いアーティストの1人といえよう。

Maria Ana Bobone : voice  Joao Paulo : harpsichord
Ricardo Rocha : guitarra  Mario Franco : contrabass

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページヨーロッパ-ファド/ポルトガルマリア・アナ・ボボン光と運命



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年10月25日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ-ファド/ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。