ブラジル-ソウル/R&B

Wilson Simoninha / Live Session at Trama Studios

Wilson Simoninha / Live Session AtTrama Studios
Live Session at Trama Studios
World-Brasil-Soul : ★★★★☆

ウィルソン・シモニーニャ、2003年にトラマレコードのスタジオでライブ録音された3作目。基本的にエレクトリックなリズムセクションにブラス隊を加えたファンキーな音作りで、異母弟であるマックス・ジ・カストロの内省的な音作りとは対照的なホットなサウンドになっている。その一方で、ファンキーなソウルチューンが並ぶ中に突如アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲「Caminhos Cruzados」がしっとりと挿入されている等ハッとさせられる選曲もあり、なかなかユニークなアルバムになっている。

1.Seja Bem-Vindo
2.E Isso Que Da
3.La Vem O Homem
4.Bebete Vabora
5.Flor Do Futuro
6.Happy Hour A Beira Mar
7.Pot-Pourri: Aquele Gol/Nana
8.Essencia
9.Mais Um Lamento
10.Mais Um Vira-Lata
11.Caminhos Cruzados
12.Rei de Maio
13.Tributo a Martin Luther King
   
Wilson Simoninha を amazon で検索
Wilson Simoninha を Tower Records で検索
Wilson Simoninha を iTunes で検索

トラーマレーベルはジャンルに拘らず良質な音楽を貪欲に集め、海外にも積極的に進出しようとしているブラジルのレコード会社である。エリス・レジーナの息子で、マリア・ヒタやペドロ・マリアーノとは異父兄弟となるジョアン・マルセロ・ボスコリが主催しており、所属するアーティストの層の厚さはトップクラスといっても過言ではないような気がする。

その意欲的なレーベルに身をおくウィルソン・シモニーニャが前2作の中から13曲を選びスタジオライブ作品としてリリースしたのが本作である「Introducing Wilson Simoninha Live Session Attrama Studios」。ファンキーなソウルを主軸に、ハードロック調のアプローチ、AORやジャズ風のアレンジ、そして初期のMPBサウンドまでバライエティに富んだ音が収められている。

トランペットのジュニオル・ガレンチ、サックスのウバルド・ヴェルソラット、フェンダーローズのマルセロ・マイタ等、息の合った演奏でウィルソン・シモニーニャを盛り立てる。ライブといってもスタジオライブなので肩の力が抜けたリラックスした雰囲気が感じ取れる。

*この作品はTramaレコードのWilson Simoninhaのページにて無料で全曲通して試聴出来ます。

Jerico : flugel horn  Junior Galante : trumpet  Marim Meira : trombone 
Carlos Alberto : sax  Ubaldo Versolatto : sax
Marcelo Maita : rhodes  Tadeu Dias : guitar  Marcio Forte : percussion etc.

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページブラジル-ソウル/R&Bウィルソン・シモニーニャイントロデューシング・ウィルソンシモニーニャ・ライブセッション・アト・トラーマスタジオ



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年10月23日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル-ソウル/R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。