ブラジル-ソウル/R&B

Ed Motta / Dwitza

Ed Motta / Dwitza
Dwitza
World-Brasil-Soul/R&B : ★★★★☆

Ed Motta、2001年録音の通算6作目の作品。「As Segundas Intencoes do Manual Pratico 2000 (邦題:パーティーマニュアル vol.2)」から1年の歳月を経てリリースされた本作は、ディスコサウンド風でポップなコンセプトの前作から一転し、やや内省的で奥の深い内容になっている。

1.Um Dom Pra Salvador
2.No Carrao Eu Me Perdizes
 Na Consolacao
3.Sus-Tenta
4.Doce Ilusao
5.Linduria
6.Valse au Beurre Blanc
7.Amalgasantos
8.A Balada Do Mar Salgado
9.Coisas Naturais
10.Malumbulo
11.Madame Pela Umburgo
12.Cervejamento Total
13.Papuera
14.Instrumentida
15.Papuera
   
Ed Motta を amazon で検索
Ed Motta を Tower Records で検索
Ed Motta を iTunes で検索

ホーンセクションを使用しつつもどちらかというとリズム楽器中心の音作りだった前作に対し、ここでは積極的にブラスを使用している。更には、前作ではGlauton Campelloに任せていたFender RhodesWurlitzerといったエレクトリックピアノを本作ではEd Motta自身が弾いている。これらの試みはEd Mottaの演奏が、そして楽曲全体としてヴォーカル中心から器楽中心の編成に転換した結果なのではないだろうか。

ジャズ色が強いソウルといった感じである。聴きやすかったが飽きやすかった「パーティーマニュアル」のシリーズよりも個人的にはこちらの方が好みである。もちろんどちらも好きなのだが。純白のジャケット写真には、このジャズへの回帰が表現されているのかもしらない。

6曲目「Valse Au Beurre Blanc」や11曲目「Madame Pela Umburgo」のヨーロピアンデカダンス風の曲はEd Mottaお得意のスパイシーな味付け。8曲目「A Balada Do Mar Salgado」ではゲストLeila Mariaの歌声を聴くことが出来る。いずれもクールな装いを保った絶妙の味付けである。

ブラジルソウルミュージックシーンに一際異彩を放つEd Mottaの魅力が満載されたアルバムといって良いだろう。

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページブラジル-ソウル/R&Bエヂ・モッタドゥイツァ



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年09月30日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル-ソウル/R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。