アフリカ-ポップス

Richard Bona / Tiki

Africa-Pops : ★★★★☆

リチャード・ボナ / ティキ
Tiki
 

カメルーンとブラジルの競演。

リチャード・ボナ、ニューヨーク、パリ、リオデジャネイロにおいて録音された2005年の作品。ジャコ・パストリアスの再来とまで言われる超絶技巧のベーシストでありながら、ソロアルバムをしてベース一人舞台とならないリチャード・ボナ。自らヴォーカルを取り陽気に歌う様は、超絶技巧ベーシストの肩書きを感じさせない力の抜けた純粋な音を感じさせる。

テクニックに走らず楽曲のバランスを重視した音作りという点では前作「Munia:The Tale」を引き続いている。ゲストに同郷のサリフ・ケイタを迎えて作られた前作は、故郷のカメルーンの文化を音という形で我々に伝えてくれた。

本作も様々なゲストを迎えて作られたのだが、今回はブラジリアンアーティストの参加に目が行く。MPB初期からのアーティストであるジャヴァンやミナスミュージックシーンの重要人物トニーニョ・オルタ、パンデイロの名手マルコス・スザーノといったアーティストの参加はブラジル音楽ファンでなくとも注目せずにはいられないことだろう。

しかし、ブラジルのアーティストと共演したからといって単なるブラジル音楽の追従という訳ではない。カメルーンのアーティストであり、ジャズベーシストであるリチャード・ボナとブラジリアンミュージシャンの競演が繰り広げられるのだ。お互いの技量を認め合った同士、言葉の壁を越えた意識のやり取りが行われている。

先程超絶技巧ベーシストの肩書きを感じさせないと書いたが、やや不十分だろう。彼の技量の程は十分表現されている。だが、それのみを前面に持ってきていないというだけのことだ。やはり素晴らしいテクニックを持ったベーシストであることには変わりない。ギル・ゴールドスタインによるストリングスのアレンジ等はリチャード・ボナのそういう抑えたベースプレイを上手く引き出しているようにも感じられる。

1.Tiki
2.Dipama
3.Kivu
4.O Beta O Siba
5.Esoka Bula
6.O Sen Sen Sen
7.Manyaka O Brazil
8.Three Women
9.Ba Senge
10.Ida Bato
11.Akwa Samba Yaya
12.Calcabao De Copacabana
13.Samaouma
14.Nu Sango

Richard Bona : bass,vo,perc,etc
Djavan : vo Susheela Raman : vo
Aaron Heick : as,ts
Marc Berthoumieux : accor Atn Stadwijk : keyb
Toninho Horta : g Mike Stern : g
Vinnie Colaiuta : ds Nathaniel Tonwsley : ds
Marcos Souzano : perc  etc.


Amazon紹介ページはこちら

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。



【アフリカ-ポップスの最新記事】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年09月20日 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ-ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。