ヨーロッパ-ファド/ポルトガル

Katia Guerreiro / Nas Maos Do Fado

カティア・ゲレイロ / ファドに抱かれて
Nas Maos Do Fado
World-Portugal-Fado : ★★★★☆

カティア・ゲレイロ、2003年発表のセカンドアルバム。アマリア・ロドリゲス後のファディスタの中でも一際古典的なファドスタイルにこだわってきたカティア・ゲレイロ。前作「Fado Maior(至上のファド)」から3年を経てリリースされた本作でもギターラ(ポルトガルギター)とヴィオラ(ガットギター)、バイショ(ベース)というファドの基本的な編成をバックにその歌声を披露している。

1.Os Meus Versos
2.Valsa
3.Danca Das Sete Luas
4.Vodka E Valium 10
5.Segredos
6.O Teu Encanto
7.Ancorado Em Mim
8.Perdigao
9.O Que For Ha-de Ser
10.Rosa Vermelha
11.Recado
12.Voz Do Vento
13.Meu Principezinho
14.Romper Madrugadas
15.Chora,Mariquinhas Chora
   
Katia Guerreiro  を amazon で検索
Katia Guerreiro を Tower Records で検索
Katia Guerreiro を iTunes で検索

前作ではパウロ・パレイラだったギターラがパウロ・ヴァレンティンに、アルマンド・フィゲイレドだったバイショがロドリーゴ・セラォンに代わっているが、ヴィオロンはファドのスペシャリストであるジョアン・マリオ・ヴェイガが前作に引き続き演奏している。これは2003年の来日時のメンバーと全く同じである。

演奏スタイルが古典的なファドに忠実な一方で、曲目は新旧のアーティストのものを取り上げている。古典の重要さと共に、ファドがリアルタイムに進行している音楽ジャンルだということを示したかったからだという。中でもドゥルス・ポンテス作曲の「O Que for, Ha-De Ser」では、ドゥルス・ポンテスがジャキス・モレレンバウムの下でピアノとストリングスを使用したドラマティックな編曲となっているのに対し、カティア・ゲレイロはシンプルな編成でしっとりと歌い上げている。この辺の聴き比べも面白い。

古典的な演奏を守りつつも時代の変遷に取り残されること無くファドを表現し続けるカティア・ゲレイロ。傑作との評価が高かった前作のプレッシャーにも負けず、更なる飛躍を遂げた充実のアルバムを届けてくれた。

Katia Guerreiro : voz  Paulo Valentim : guitarra portuguesa
Joao Veiga : guitarra classica  Rodrigo Serrao : contrabaixo

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページヨーロッパ-ファドカティア・ゲレイロファドに抱かれて



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年09月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ-ファド/ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。