ブラジル-ソウル/R&B

Funk Como Le Gusta / Roda de Funk

Funk Como Le Gusta - Roda de Funk
Roda de Funk
World-Brasil-Funk Brass Band : ★★★★☆

ブラジルのファンク・ビッグバンド、ファンキ・コモ・レ・グスタ(ファンク・コモ・ル・グスタ)が2000年に発表したファーストアルバム。リーダーでシンセサイザーやギターを担当するエドゥアルド・ビヂを筆頭に、トランペット2本、トロンボーン、テノールサックス、バリトンサックスの5管に、フェンダーローズ、エレクトリックギター、ベース、ドラム、パーカッション、ジャンベのリズム隊。それにパウラ・リマのヴォーカルが入った13人が基本編成。後にソロデビューするパウラ・リマのヴォイスは本作でもとても濃厚。

1.Entrande Na Sua (Intro)
2.Nervesa
3.Funk de Bamba
4.Call Me at Clee's
5.Olhes Colorides
6.Zambacae
7.Funk Hum
8.Forty Days
9.Balada da Paula
10.Dujii
11.Meu Guarda-Chuva
12.Metcis
13.Whistle Step
14.16toneladas
15.Divirta-Se
16.Forty Days
17.Olhos Coloridos
   
Funk Como Le Gusta を amazon で検索
Funk Como Le Gusta を Tower Records で検索
Funk Como Le Gusta を iTunes で検索

妙に耳ざわりの良いギターのカッティングが印象的なリズムセクションとパキパキのホーンセクション。両者が絡み合い絶妙なソウルフィーリングのアンサンブルが構成される。そしてその楽曲群が時にヒップホップ調に、また時にゴリゴリのファンキーサウンドに、そしてまたある時にはラテンリズムダブサウンドに乗せられて縦横無尽に駆け巡る。

非常に聴きやすくそれでいて聞き応えのあるサウンドは卓越した演奏技術の裏付けがあってのことである。ジョルジ・ベンジョールがいち早く目をつけ楽曲を提供したりライブサポートに呼んだ事実もそのことを表す逸話といえよう。ジョルジ・ベンジョールやチン・マイアの蒔いたブラジリアンソウル/ファンクの種は着実に次世代に受け継がれ芽吹いている。

Reginaldo Gomes : trompete  Marcelo Cotarelli : trompete  Tiquinho : trombone
Hugo Hori : sax tenor  Kito Siqueira : sax baritono  Juliano"Papi"Beccari : rhodes,clavinete e string
Bid : sintetizador,guitarra  Emerson Villani : guitarra  Sergio Bartolo : baixo
Kuki Stolarski : bateria  James Muller : percussao  Simone Soul : djembe  Paula Lima : voz

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページブラジル-ソウル/R&B>ファンキ・コモ・レ・グスタ>ホーダ・ヂ・ファンキ



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年08月28日 | Comment(6) | TrackBack(1) | ブラジル-ソウル/R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
pontyさん、このバンド知らなかったのですが、ブラジリアン・ファンク・ビッグバンドってだけでも興味を示すけれども、試聴してみたらNervesa等イイですねー(笑)
Posted by forcek at 2006年08月29日 11:58
●forcekさん
ファンキ・コモ・レ・グスタはいいですよ!友人に教えてもらったのですが直ぐに気に入りました。もともとメンバーが流動的な感じらしいのですが、セカンドアルバム発表後にリーダーのビヂが脱退してしまい今後の動向が注目されています。でも、必ずしも悲観的なことばかりではなく、3作目からはメジャーレーベルからのリリースになりそうとの噂もあります。
Posted by 日向葵(ponty) at 2006年08月29日 23:43
FCLGカッコいいですよね!
一度真夜中のライブ(確か3時ごろ…)に連れて行ってもらったことがあったのですが、そりゃーもう大迫力でした。

結構ベテランが多くて、いかにも練習してない感じ(ホーンの振り付けが合っていない)など、音以外にもくすぐられます。飛行機代シャレにならないですが、来日して欲しいアーティストです。
Posted by Paulistado at 2006年08月30日 00:02
●Paulisradoさん
おお!長い付き合いなのにFCLG(Funk Como Le Gusta)が初書き込みとはwでも、Paulistadoさんに教えてもらった音楽は数知れず。それをこうして更に多くの方に知っていただく。感無量ですwまた書き込んでくださいね。
Posted by 日向葵(ponty) at 2006年08月30日 00:46
そういえばそうかも知れませんね。書き込みしてなかった…。

まま、pontyさんがいよいよディープゾーンに立ち入ってきた証拠ですよ(笑)。

>Paulistadoさんに教えてもらった音楽
まだまだなにもお教えしていませんよ(笑)。
Posted by Paulistado at 2006年08月30日 23:25
●Paulistadoさん
ブラジルにハマッたらこのサイトがブラジル音楽ブログと化してしまいそうで怖いですw
Posted by 日向葵(ponty) at 2006年08月30日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

続・カンヴァーセーション雑感、の巻
Excerpt: 今日の朝、携帯電話の料金を払い忘れていたことを思い出して、あわてて駅前のコンビニ
Weblog: Voyage To Funktasia
Tracked: 2006-10-04 22:28
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。