プロフィール/バイオグラフィー

ドン・グルーシン (Don Grusin)

ドン・グルーシン (Don Grusin)

ジャズピアニスト

ドン・グルーシン(1941〜)は、米コロラド州リトルトン生まれ。弦楽四重奏団でバイオリンを弾いていた父とピアノを好んで弾いていた母との間に生まれた。実の兄はピアニストのデイヴ・グルーシン。

ドン・グルーシンは兄のデイヴ・グルーシンと同様に幼少期からピアノを習うが、デイヴがとても熱心だったのに対し、ドンの興味はスポーツに向かっておりピアノ一筋という訳ではなかったようだ。

大学では社会学を学び博士号まで取得するが経済学にその興味が移り、コロラド大学で学ぶ。経済学でも博士号を取得したドン・グルーシンはコロラド大学やオートノマス大学、フットヒルカレッジ等で教鞭をとった。

しかし経済学を教える傍ら、コロラド時代はデンバーのジャズクラブ「セネイト・ラウンジ」でゲイリー・バートンやズート・シムズとセッションをしたり、サンフランシスコ時代はラテンユニット「アズテカ」に参加するといった音楽活動も行っており、これがきっかけで1975年にクインシー・ジョーンズのバンドに参加することとなる。

クインシー・ジョーンズのバンドに入ってからのドン・グルーシンは音楽活動に専念するようになりロサンゼルスを地盤としてプロデュースに作曲にレコーディングにツアーにと多忙な日々を送るようになる。

1978年にはリー・リトナーと「フレンドシップ」を結成。フュージョン界に革命的な功績を残した。その後ジャズやブラジリアンアーティストと数々の仕事をこなし1989年には兄のデイヴ・グルーシンと「Stick and Stones」を残し話題を呼んだ。


<レビュー掲載作品>

ドン・グルーシン / ファイアー・アンド・レイン 〜ソロ・ピアノ〜
Old Friends & Relatives
ドン・グルーシン、1996年発表のピアノソロアルバム。撫でるような優しいタッチ。ブルージーなメロディーはどこか懐かしい。腰を据えてじっくり聴くのも、BGMとして聴くのも良いだろう。おすすめは、6曲目の「Estate」。悲哀に満ちた曲を心温まる語り口で弾きあげる。

 詳細ページは → こちら
 購入ページは → こちら

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年08月12日 | Comment(0) | TrackBack(1) | プロフィール/バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スーパーマリオ「盗作」とウォーホル
Excerpt: スーパーマリオブラザーズのBGM盗作疑惑 何であんまり話題になんないんだろ 「単に似ただけ」っていってるひと多いけど グーゼンこんなに似るかね 音色コミで 「1985年に発売されたスーパーマリオ..
Weblog: 「好きになった」
Tracked: 2006-10-13 06:40
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。