ジャズ-ピアノ

Don Grusin / Old Friends & Relatives

Jazz-Piano-Solo Piano : ★★★★☆
 
 
これに勝る癒しの音はないかもしれない

ドン・グルーシン、1996年発表のピアノソロアルバム。 音楽家族に在ってピアノを弾きつつも兄デイブ・グルーシンとは対照的に 音楽家を目指さなかったドン・グルーシン。 社会学を学んだ後は経済学で学位をとり、 コロラド大学で教鞭を取る日々を送っていた。

とはいうものの、音楽に全く関わらなかった訳ではなく、 時々ジャズ・クラブで演奏したり、 西海岸のラテンバンド「アズテカ」で鍵盤を叩いたりしていた。

1975年クインシー・ジョーンズの要請で同バンドへの参加が決定 したあたりから本格的に音楽で生計を立てる事を考えはじめ、 以来、ジャズに限らない数多くのアーティトとの競演を果たしていく。

本作品はそんなドン・グルーシンが残したピアノソロアルバム。 撫でるような優しいタッチ。ブルージーなメロディーはどこか懐かしい。 腰を据えてじっくり聴くのも、BGMとして聴くのも良いだろう。

おすすめは、6曲目の「Estate」。 悲哀に満ちた曲を心温まる語り口で弾きあげる。 様々な人生経験に裏打ちされたドン・グルーシンだからこその優しさに溢れる音。 これに勝る癒しの音はないかもしれない。

尚余談だが、原題が「Old Friends & Relatives」であるのに対し、 邦題が「ファイアー&レイン〜ソロ・ピアノ〜」である理由については 調べられなかった。どなたかよろしかったらお教えいただきたい。

1.At Last
2.A Walk with Leonard
3.Fire and Rain
4.Flora
5.Foreign Service
6.Estate
7.Circles
8.Theme from High Noon
9.New Age Cowboy
10.Serious Romance
11.Sadie
12.Well,It's about you
13.Lost and Found
14.The Re-education of DG
 
Don Grusin : piano
 
Amazon紹介ページ
 
ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年06月16日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。