ジャズ-ピアノ

Chick Corea / Return to Forever

Jazz-Fusion-Piano: ★★★★★


基礎から応用に転じたその手法とは。

チック・コリア、1972年ニューヨークA&Rスタジオにおける録音。 フリージャズユニット「サークル」において執拗なまでに原理を求める試みが行われた。 これは芸術や学問という理性を持ってする最も崇高な行いであった。 それは時にあまりにも内省的であり、多くの理解を超越したものでもあった。 そして、「リターン・トゥー・フォーエヴァー」が発表された。

「サークル」における作品と本作を学問に例えるならば「基礎哲学」と「応用哲学」 に相当するかも知らない。純粋なまでに真理を追究する試みである「基礎哲学」は 真理を見極める手法として形而上を想定し、現象からの類推を行ったりする。しかし、 真理は直接目視も言及も出来るものではない。それ故難解を極め浸透し難い点がある。 一方「応用哲学」は抽象的な要素の多い「基礎哲学」とは対称的に、「倫理学」に 代表されるように具体性に富んでいて、その内実は分からなくても少なくとも表面的 には理解し易い。

「サークル」に対し「リターン・トゥー・フォーエヴァー」の楽曲群は非常に耳に 馴染みやすい。当時これをチック・コリアがコマーシャルに転じたと一部で評した ようだが、それは違うと思う。確かにより基礎的にアプローチする手法はまだまだ あったと思う。しかし、チック・コリアは敢えて手法を応用的なアプローチに 切り替えたのだと思う。

なんとも爽やかな音ではないか。チック・コリアのエレクトリックピアノ、 ジョー・ファレルのフルート及びサックス、アイアート・モレイラ及び フローラ・プリム夫妻によるドラムとヴォーカル。執拗なまでに抽象世界に 身を投じていたチック・コリアの姿はここにはない。基礎的理解を踏まえた 形での応用的アプローチは一種の普遍性を有したサウンドとして今も 新鮮な輝きを放っている。これが30年以上も前に録音された作品とは とても思えない。

1.Return to Forever
2.Crystal Silence
3.What Games Shall We Play
 Today?
4.Sometime Ago/La Fiesta

Chick Corea : electric piano
Joe Farrel : flutes,soprano sax
Stan Clarke : elec.bass,double bass
Flora Purim : vocal,percussion
Airto Moreira : drums,percussion


Amazon紹介ページはこちら
Return to Forever(米国盤)   Return to Forever(英国盤)

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年06月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。