ヨーロッパ-ファド/ポルトガル

Maria Ana Bobone / Senhora Da Lapa

Maria Ana Bobone / Senhora Da Lapa
Senhora da Lapa
World-Portugal-Fado : ★★★★☆

ポルトガルの新星歌手マリア・アナ・ボボン、1997年〜1998年録音の待望の初リーダー作。リスボンのゴシック教会で録音された本作は、もともと聖歌隊に所属していたマリア・アナ・ボボンがポルトガルの教会音楽ファドを昇華し、現代的で透明感のある新しい音の創造に成功した作品である。

1.Meu Amor Me DeuUm Lenco
2.Ternura
3.Senhora da Lapa
4.AR
5.Os Teus Olhos
6.Espelho Quebrado
7.Jose Embala O Menino
8.ABC
9.Elegia
10.Hortela Mourisca
11.Flux
12.Senhora da Lapa
   
Maria Ana Bobone を amazon で検索
Maria Ana Bobone を Tower Records で検索
Maria Ana Bobone を iTunes で検索

メンバー構成としては、マリア・アナ・ボボンのヴォーカルを中心に、ジョアン・パウロ・エステヴェス・ダ・シルヴァが半数の曲の作曲とピアノ、リカルド・ロシャが2曲の作曲及びギターラ(ポルトガルギター)、ピーター・エプスタインがサックスで参加している。

ジョアン・パウロの弾くピアノ、ハンブルグ・スタンウェイフルコンサート・グランドピアノの音色は、マリア・アナ・ボボンのクリアなヴォイスと絡み合い絶妙の音楽世界を展開する。いわゆるファドは6曲目の「Espelho Quebrado」のみ。しかし、それもアマリア・ロドリゲスのようなファドとは全く違う。ひんやりとした石造りの教会の凛とした雰囲気、そして透明感のあるヴォーカルの中に心温まる希望を感じさせる。アルバム全体を通してそんなイメージに触れる事が出来る作品である。

Maria Ana Bobone : voz  Richard Rocha : guitarra on tracks 5,8and11
Joao Paulo : piano  Peter Epstein : soprano and alto sax on tracks 2,6and10

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページヨーロッパ-ファドマリア・アナ・ボボンシニョーラ・ダ・ラパ



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年06月03日 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヨーロッパ-ファド/ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Maria Ana Bobone / Senhora da Lapa ★★★★☆
Excerpt: Senhora de LapaMaria Ana BoboneM.A. Recordings 1999-10-19by G-Tools 「今日買ったディスク」で「感想は近いうちに書きます」と書いて..
Weblog: ジャズ&オーディオ通信(from USA)
Tracked: 2006-09-15 19:03
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。