ジャズ-ピアノ

山本剛トリオ / Misty

Jazz-Piano : ★★★★★
 
 
誰もがミスティーを好きになることでしょう。

山本剛、1974年の六本木のジャズクラブ「ミスティ」における録音。 スリーブラインドマイスレーベル発表の山本剛トリオ、2作目に当たる作品である。 これ程歌いっぷりのいいピアニストは他にはいないのではないだろうか? しっかりしたリズムを土台に奏でられるメロディラインは、 さながらウィントン・ケリーやレッド・ガーランドを、 いやもしかしたらそれ以上のものを感じる。

この歌心溢れる山本剛がスタンダードナンバーを集めた作品を作るのは当然といえる。 それは、スタンダードナンバーを演奏してもこのユニットにはオリジナリティが感じられるし、 何しろこの宝石をちりばめたような1曲目「ミスティ」を聴けば理由は一目瞭然といえよう。

山本剛と「ミスティ」のつながりは深く、「ミスティ」といえばこの人といわんばかりに 様々な「ミスティ」を演奏している。その中でも白眉のアルバムがこのアルバムに収められた 「ミスティ」ではないだろうか。その名もずばり「ミスティ」。 高音のピアノソロから入り、三人の音が揃う瞬間は鳥肌が立つほど。 このアルバムを聴けば誰もがミスティーを好きになることだろう。

現在、スリー・ブラインド・マイスレーベルの音源はスーパーオーディオ対応CD(SACD)以外は 非常に入手しにくくなっている。この場でもSACDの音源を掲載させていただく。 SACDは確かに高価ではあるが、十分な音質を誇り素晴らしい音を提供してくれる。 よろしかったらお聴きになってみていただきたい。

1974年度スイングジャーナル(SJ)誌ジャズ・ディスク大賞最優秀録音賞受賞作品。

1.Misty
2.Blues
3.Yesterdays
4.Honey Suckle Rose
5.Smoke Gets in Your Eyes
6.I Didn't Know
 What Time It Was
7.Angel Eyes
 
山本 剛 : piano
福井 五十雄 : bass  小原 哲次郎 : drums
 
Amazon紹介ページ
 
人気blogランキング ←参考になりましたら1クリックお願い致します!
 


posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年05月24日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。