ジャズ-ピアノ

Bill Evans / Trio64

Jazz-Piano Trio : ★★★★★
Bill Evans Trio 64
トリオ’64

極めて険悪な空気の中で制作されたという逸話からは考えられない陽気で小気味良い作品である。ビル・エヴァンス(p)、ゲイリー・ピーコック(b)、ポール・モチアン(ds)の人間的な相性は最悪だったのかも知らないが、音楽的な相性はビル・エヴァンスの音楽人生の中でも最高のメンバーだったといっても過言ではないと思う。

1. Little Lulu
2. A Sleeping Bee
3. Always
4. Santa Claus Is Coming To Town
5. I'll See You Again
6. For Heaven's Sake
7. Dancing In The Dark
8. Everything Happens To Me
   
Bill Evans Trio 64
Bill Evans Trio 64

スコット・ラファロ(b)に比べて技術的にも音楽的センス的にも勝るゲイリー・ピーコック(b)の影響で、各パートの個性が縦横無尽に展開する。極めて室内楽的なスコット・ラファロに比べて躍動感のあるエディー・ゴメスのベースと比べても、ゲイリー・ピーコックのベースは活き活きとしている。結果的には一回限りの企画もののような形になってしまったが、もっと多くの音源を残してほしかった。ただ性格の不一致がなかったとしても、ゲイリー・ピーコックのギャランティーはビル・エヴァンスには高すぎてレギュラーメンバーとは成り得なかったという話もあるが。


Bill Evans : piano Gary Peacock : bass Paul Motian : drums

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。


posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2011年01月13日 | Comment(5) | TrackBack(0) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして

リカルズと申します

世界音楽史というホームページを作りました
もしよかったら見てください

趣味的に似ているところがあるかもしれません
ワールド系が好きなので
Posted by リカルズ at 2011年05月23日 09:47
●リカルズさん
初めまして。面白いホームページですね。
世界音楽史年表が特に面白かったです。
こういう年表は前にも見た事があるのですが、
ジャンルが狭い事が多いので参考になりました。
学術的な意義があると思います。
音楽の捉え方としてとても意味のある事だと思います。
Posted by 日向 葵(Aoi Hyuga) at 2011年05月23日 13:08
見て頂けたようで
ありがとうございます!
掲示板に書き込みまでして頂いて、とても嬉しかっです。
Posted by リカルズ at 2011年05月23日 19:28
●リカルズさん
とても面白かったです。また拝見させて頂きました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
Posted by 日向 葵 (Aoi Hyuga) at 2011年07月15日 00:49
また見て頂けたようで光栄です。
Posted by リカルズ at 2011年08月20日 11:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。