アジア-ヒンドゥー

Music of Gamelan Gong Keybar, Vol. 2

World-Bali-Gamelan : ★★★★☆
 
 
情熱的で激しくも緻密

作曲家で奏者でもある"I Nyoman Windha"によるガムラン・ゴン・クビャールの録音を 集めたコンピレーションアルバム。 1曲目の「Jagra Parwata」は"Mrdangga Giri Kasuma"による1991年の演奏。 2曲目の「Gora Merdawa」と3曲目の「Cendra Wasih」は"Candra Metu"による1991年の演奏。 4曲目の「Gadung Kasturi」は"Dharma Kasuma"による1994年の演奏。 いずれもバリにおいて賞を取った楽団だけに迫力ある素晴らしい演奏を見せてくれる。

現在インドネシアに属するバリ島は、イスラム教徒が多いインドネシアにあって 人口の9割以上がヒンドゥー教徒という特殊な島である。 島内には数千にも上るヒンドゥー教の寺院が立ち並び、 各寺院ごとに異なる暦によって祭事が営まれる。 そういった祭事の時に捧げられる音楽、それがガムランである。 ガムランにも様々な形式があり、現在最も主流の形式が ガムラン・ゴン・クビャールである。

ガムランとは合奏を意味する言葉で、ゴンは演奏時に使用される大型のゴング。 クビャールとは伝統的なオスティナート風フレーズのなかに 自由に演奏される名人芸的なパッセージを含んだ奏法をいうようだ。

このガムラン・ゴン・クビャールの歴史は以外にも浅く 1915年という。しかし、情熱的で激しくも緻密な奏法は 聴く者を魅了し、瞬く間に広まっていった。 そして現在では主流の形式となっている。 最後にガムラン・ゴン・クビャールの編成をご紹介しよう。

メタロフォン , 青銅製ゴング×3
レヨン(12個のゴングが一列に連なった楽器)
クンダン(両面太鼓) , チェンチェン(シンバル)
クンプリ(ゴングを水平に並べた楽器) , スリン(縦笛)
 
1.Jagra Parwata
2.Gora Merdawa
3.Cendra Wasih
4.Gadung Kasturi
 
Amazon紹介ページはこちら
 
ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。



【アジア-ヒンドゥーの最新記事】
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年05月17日 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア-ヒンドゥー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。