ヨーロッパ-ファド/ポルトガル

Misia / Garras dos sentidos

Misia / Garras dos sentidos (ミージア / リスボン・センチメンタル)
Garras dos sentidos
World-Portugal-Fado : ★★★★★

ミージア、1998年発表の4作目。アマリア・ロドリゲス後世代のファディスタの中でも伝統的なファドに取り組むミージアが、ピアノを使った斬新な切り口でファドに臨んだ意欲作。「Fado do Retorno」では古典的ファドスタイルのNumeroUと、ピアノを加えた編成のNumeroTを聴き比べる事が出来る。

1.Garras dos Sentidos
2.Danca de Magoas
3.Estatua Falsa
4.Fado do Retorno I
5.Nenhuma Estrela Caiu
6.Litania
7.Nao Me Chamem Pelo Nome
8.Sete Luas
9.Sou de Vidro
10.Fado do Retorno U
11.Da Vida Quero Os Sinais
   
Misia を amazon で検索
Misia を Tower Records で検索
Misia を iTunes で検索

ポルトガルはリスボンを象徴する音楽ファド。ファドは音楽でありながら、ポルトガルの歴史そのものでもある。古くは大航海時代以来の男女の別離と郷愁を歌う音楽として多くの人に親しまれたと言われ、近くはサラザール〜カエターノの独裁政権時(1974年崩壊)に国民的音楽として擁護された門で革命後に避けられた事もあった。

しかし偉大なるファディスタ、アマリア・ロドリゲスを得てワールドワイドに知られるようになったファドも、アマリア・ロドリゲスに続く才能になかなか恵まれなかった。アマリア・ロドリゲスの素晴らしさ故の事なのであろうが、ファド凋落の原因の1つがファド界の至宝にあったいうのも寂しい話である。

ミージアは、生まれはポルトガルのポルトだが、カーネーション革命による独裁政権の崩壊時に母の郷里スペインへと旅立った。以来スペインを中心として活動し、この地でファドを歌うようになる。一方、本国ポルトガルでは先述の軍事政権下の擁護の反動としてファドに対する強い風当たりがあった。一部アマリア・ロドリゲスですら旧体制の人物として非難される事態となっていたのだ。ミージアがスペインにいた事はファディスタとして幸運だったのかもしらない。

やがて革命後20年を経て、本国でのファドに対するネガティヴな感情が収まった。寧ろEU統合のかどで自国文化再興の機運の中、ポルトガルの伝統として皆がファドを待ち受けている頃にミージアは帰国する。空白の20年間、そして偉大なるアマリア・ロドリゲスの存在に対し、現代にあったファドを歌う。それがミージアの答えだという。今、ファドはアマリア・ロドリゲスを引き継ぐ新たなるミューズを得た。

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページヨーロッパ-ファドミージアリスボン・センチメンタル



タグ:Portugal Fado MISIA
posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年05月14日 | Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ-ファド/ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
fado menorの旋律を捜し求めて、20番目がこのGarras dos sentidoでした。Misiaで検索すると日本人の歌手にぶつかり、他の歌手の名前を使うとはなんと無神経なと腹立たしく思いながらブラウズしていたらこちらにたどり着きました。貴女と同じ誕生日(年は二回り+上ですが)で、fado menor (Os meus olhos sao dois cirios)を歌う日本人ファディスタをご存知ですか?何かの偶然だなと思いコメント差し上げます。
Posted by fadista louco at 2009年03月04日 17:52
●fadista louco様
初めまして。お名前を知りながらお会いした事はございませんでした。メールをお送り致しましたのでどうぞご覧下さい。検索についてでございますが、日本語のサイトを検索する時は「ミージア」と、ポルトガル語のサイトの場合はgoogle検索オプションのポルトガル語検索を用いると宜しいかと存じます。近いうちにステージを拝見しに伺わせて頂きます。
Posted by 日向 葵 (ひゅうがあおい) at 2009年03月05日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。