ジャズ-ピアノ

McCoy Tyner Super Group / Prelude and Sonata

Jazz-Piano : ★★★★☆
 
 
ポップな選曲の中にジャズの真髄が活きている。

マッコイ・タイナー、1994年のニューヨークにおける録音。

ソロからビッグバンドまで様々な形態で活動を続けてきた マッコイ・タイナー。しかし、その音楽活動で本幹となっているのは ピアノトリオによる演奏なのだという。

ジョン・コルトレーンバンドのピアノとして リズムを支えていた頃からトリオの構想があったようで、 ナイツ・オブ・バラッズ・アンド・ブルース等の作品を残している。

しかし、この作品はいつものトリオとは少し趣が異なる。 クリスチャン・マクブライドをベースに迎え、 ジョシュア・レッドマン、アントニオ・ハートをサックスに、 といったように、より世代の若いアーティストとの 共演を果たしている。

常に変化を求めているマッコイ・タイナーの心意気が ここでも見られているといった感じなのだろうか。

また、その曲目も注目に値する。ショパンのプレリュード4番を皮切りに ベートーベンのピアノソナタ8番「悲愴」のトリまでの間に、 ヘンリー・マンシーニの「ひまわり」やミシェル・ルグランの 「シェルブールの雨傘」等、スクリーンミュージックまでトラックされて いる。ちょっと独特な選曲といえよう。

非常にポップで聴きやすい。 しかし、その中にはジャズの真髄が活きている。

1.Prelude in E Minor(Chopin)
2.Loss of Love(ひまわり)
3.Contemplation
4.For All We Know
5.I Will Wait for You
 (シェルブールの雨傘)
6.Soul Eyes
7.Smile
8.Good Morning Heartache
9.Piano Sonata No.8
 (Beethoven「悲愴」)
 
McCoy Tyner : piano
Christian McBride : bass  Marvin"Smitty"Smith : drums 
with
Joshua Redman : tenor sax  Antonio Hart : alto sax 
 
Swing Journal選定ゴールドディスク
 
Amazon紹介ページはこちら
 
人気blogランキング ←参考になりましたら1クリックお願い致します!
 


posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年05月04日 | Comment(4) | TrackBack(0) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
pontyさんどうも、俺もこれ持ってるのですが、
こういったマッコイもイイですよねー
結構ヘビーローテションの1枚です(笑)
Posted by forcek at 2006年05月06日 16:57
●forcekさん
ジョン・コルトレーン・カルテット時代のマッコイ・タイナーのソロ作品というと、「Nights of Ballads & Blues」も確かそうだったはずです。どちらもお気に入りのアルバムです。「Nights of Ballads & Blues」は最後が「The days of wine and roses」なんですよ。やはり映画音楽w
Posted by ponty (管理人) at 2006年05月06日 20:26
トラックバック有り難うゴザイマス。私もマッコイタイナー好き・・・ですが、90年以降はあまり聞いておりません。参考になりました。今度聞いてみます。思えば81年頃だったか、田園コロシアムでみたタイナートリオ(SuperTrioの頃)が懐かしいです。Preludeと言えば、その頃の「Prellude to a kiss」の演奏も、ワタシャ好きです。
Posted by BOSS at 2006年05月25日 23:00
●BOSSさん
マッコイ・タイナー、素晴らしいですよね。良い意味でマッコイ・タイナーはその時々でいろんなことをやっておりますので、時代によって音が違うように感じるかも知りません。その辺も含めてどうぞお聴きになってみて下さい。
Posted by 日向葵(ponty) at 2006年05月27日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。