ジャズ-ピアノ

Toshiko Akiyoshi / Her Trio Her Quartet

Jazz-Piano Trio/Quartet : ★★★★☆
 
 
ニューヨーク時代の名作!

秋吉敏子が名作の誉れ高い「トシコ・トリオ」の翌年 1957年に残した同作と双璧をなす名盤。 トリオ作品とカルテット作品の両方を収めており それぞれメンバーが全く異なる。 また、トリオも前作の「トシコ・トリオ」の時は ベースがポール・チェンバースだったのでこれまた異なる。

しかし、いずれも息の合ったプレイが繰り広げられ メンバーの違いが特に気になることは無い。 むしろそのおかげでプレイの幅が広がったようにすら感じられる。 折角メンバーに触れたので紹介しておくと、

トリオ構成 (3・6・8曲目)
秋吉敏子:ピアノ  オスカー・ベティフォード:ベース
ロイ・ヘインズ:ドラムス

カルテット構成 (1・2・4・5・7曲目)
秋吉敏子:ピアノ  ブーツ・ムッスリ:アルト・サックス
ワイアット・ルーサー:ベース  エド・シグペン:ドラムス

エド・シグペンは前作「トシコ・トリオ」から引き続きの参加である。 キーマンとして挙げられるのはやはりオスカー・ベティフォードだろう。 彼のベースプレイは言うまでも無いが、ボストンを離れて ニューヨークへ移り住んだ秋吉敏子を支えた一人でもある。

時折息を飲むようなプレイが続くピアノの中に ふと緩衝的に入ってくるブーツ・ムッスリのサックスもいい。 もしかしたら、秋吉敏子はトリオよりカルテットの方が バランスがいいのかも知らないと思わせる1枚。

1.Kelo
2.Salite to Shorty
3.Pea, Bee and Lee
4.Taking a Chance on Love
5.All The Things You Are
6.No Moon At All
7.I'll Remember Aprill
8.Thou Swell
 
Amazon紹介ページはこちら
 
人気blogランキング ←参考になりましたら1クリックお願い致します!
 


posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年03月07日 | Comment(0) | TrackBack(1) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

秋吉敏子 スーパーカルテット
Excerpt: 私の個人的なHPに、T-TOC RECORDS 堀江さんから告知がありましたので、ここでもお知らせしたかったのですが遅かった・・・。事後ですが報告したいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーー..
Weblog: Slow Life
Tracked: 2006-03-29 12:44
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。