ジャズ-ピアノ

The Drummonds / When You Wish Upon A Star

Jazz-Piano Trio : ★★★★☆
 
 
幅広い音楽ファンにおすすめ出来る作品といえます。

リニー・ロスネスと夫のビリー・ドラモンド、レイ・ドラモンド三人から なるピアノトリオ、ドラモンズによる1999年の作品。本作品は、 スタンダード中のスタンダードばかりを並べた作品となっている。 「Over The Rainbow」「When You Wish Upon A Star」 「The Sound Of Silence」等そもそもスクリーンミュージックや ポップスであって、純粋な意味でジャズスタンダードですらない。 とにかく本作はポップチューンのみ集めて作られているといえる。

スタンダードナンバーを並べて作品を作るのはなかなか難しい。 誰でも知っているので馴染みやすいが飽きられやすい。それに、 何よりもやりつくされていて、新たな解釈を求める余地が少ない。

興行的目的で親しみやすいスタンダードを採用する場合もある。 しかし、そういう場合は全曲をスタンダードにしなくても十分で、 2〜3曲も入れれば十分全体としてまとまったものになるだろう。

そんな事で、このスタンダード集はある種の挑戦と考えてしまう。 曲への新たな解釈と実践としての演奏。それを敢えて鬼門とも いえるスタンダードナンバーでやってみせようという挑戦である。

リニー・ロスネスはその結果、この作品を我々に提示したのだ。 それは、凝った作りではないが爽やかで新鮮なアレンジを施し、 スインギーで軽やかなピアノプレイにより表現するというものだ。

スタンダードだけに個性の強い曲が多い。その素材を壊さずに、 上手くオリジナリティーを引き出すことに成功していると私は思う。 こんな難しい事をする位なら、オリジナル曲を中心にした作品を 作った方がよっぽど楽なのではないか?と思わずにいられない。 それ位スタンダードナンバーを扱った作品としては秀逸だと思う。

聴き手には、馴染みやすい楽曲を新鮮に聴かせる極上の作品。 ジャズに限らず幅広い音楽ファンにおすすめ出来る作品である。

1.Nature Boy
 (ネイチャー・ボーイ)
2.Autumn in New York
 (オータム・イン・ニューヨーク)
3.Over the Rainbow
 (オーヴァー・ザ・レインボー)
4.Alone Together
 (アローン・トゥゲザー)
5.When You Wish upon
 a Star
 (星に願いを)
6.Danny Boy
 (ダニー・ボーイ)
7.Lullaby of Birdland
 (バードランドの子守唄)
8.Sound of Silence
 (サウンド・オブ・サイレンス)
9.Polka Dots and
 Moonbeams
 (ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス)
10.Like Someone in Love
 (ライク・サムワン・イン・ラヴ)
 
-The Drummonds featuring-
Renee Rosnes : piano
Ray Drummond : bass  Billy Drummond : drum
 
*邦盤と輸入盤でジャケット写真が全く異なります。ご注意ください。
 
Amazon紹介ページはこちら
リンク1:星に願いを  リンク2:星に願いを
 
人気blogランキング ←参考になりましたら1クリックお願い致します!
 


posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2006年01月18日 | Comment(8) | TrackBack(1) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
先日はTBありがとうございます。
関連記事にこちらからもTB貼りたかったのですが、オススメCDなどチェックしに来たいのでリンクさせてもらいました。
これからもよろしくです。m(__)m
Posted by NIKO at 2006年01月19日 09:44
●NIKOさん、こんばんは。
リンクありがとうございました。「My Favorite Things」とは素敵な名前ですね。気分だけはジュディー・アンドリュースのように、鼻歌交じりに歌ってしまいそうです。毎日1枚の作品を取り上げレビューしていきますのでよろしかったらどうぞまたいらしてください。
Posted by ponty (管理人) at 2006年01月20日 00:42
いつもTBありがとうございます
リニー・ロスネスの旦那さんのアルバムですね、
今度機会があったら聴いてみたいと思います。
僕の方もリニー・ロスネスのレビューがあったので
トラックバックさせていただきますね。
Posted by しゃいろ at 2006年01月25日 08:30
TBありがとうございます。
このCDはほんとゆったりとした気持ちで聴けるアルバムだと思います。
気持ちいいですよね^^

pontyさんは曲順配置業ですか。
よく分かりませんが(ぇ 
音楽に携わる仕事のようでうらやましいです^^
これからもよろしくお願いします。
Posted by PON at 2006年01月25日 10:43
●しゃいろさん、おはようございます。
リニー・ロスネスの演奏が最も生かされるトリオ編成で、スタンダード曲満載の本作。彼女らしいアレンジに思わず頬がゆるんでしまうことでしょう。
Posted by ponty (管理人) at 2006年02月03日 08:46
●PONさん、おはようございます。
スタンダードが並んでいるので肩肘張らずに聴くことが出来ますよね。それでいてリニー・ロスネスらしさも表現できているので素晴らしいと思います。どうぞよろしくお願いします。
Posted by ponty (管理人) at 2006年02月03日 08:52
トラックバックありがとうございました。
色々学ばせてもらって感謝です。
スタンダードの秀逸作品。
幅広い音楽家にオススメできるというところ納得しました。
Posted by rakuten-ai at 2006年02月20日 01:29
●rakuten-aiさん、こんばんは。
参考になったとしたらこれ程嬉しい事はありません。正に書いた甲斐があったというものです。よろしかったらまたおいで下さい。お待ちしています。
Posted by ponty (管理人) at 2006年02月20日 01:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

リニー・ロスネス 「アート&ソウル」
Excerpt: 今年はじめのレビューを ○リニー・ロスネス 「アート&ソウル」(ブルーノート) 女性ピアニストのトリオ演奏の99年作品。 これはこの前横浜で買ったCDの中で一番の当たりだった、 ..
Weblog: 二律背反な日々
Tracked: 2006-01-25 08:22
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。