ヨーロッパ-ファド/ポルトガル

Amalia Rodrigues / Com Que Voz

Amalia Rodrigues / Com Que Voz
Com Que Voz
World-Portugal-Fado : ★★★★★

アマリア・ロドリゲス、1987年の作品。ポルトガルはリスボンとコインブラ二つの都市に根ざしたファド。ラテン語のFatum(運命)が語源となったといわれるFadoが歌うのはポルトガル語特有の情感「サウダーデ」。他のどの言語にも存在しないこの「もはや手の届かなくなってしまったものを思う気持」は、どこまでも寂しく懐かしく愛情に溢れている。

1.Naufragio
2.Maria Lisboa
3.Trova Do Vento Que Passa
4.Com Que Voz
5.Cravos de Papel
6.As Maos Que Trago
7.Gaivota
8.Havemos de Ir a Viana
9.Cuidei Que Tinhas Morrido
10.Formiga Bossa Nossa
11.Meu Amor, Meu Amor
12.Madrugada de Alfama
   
Amalia Rodrigues を amazon で検索
Amalia Rodrigues を Tower Records で検索
Amalia Rodrigues を iTunes で検索

ポルトガル語圏でもポルトガル人特有の情感「Saudade(サウダーデ)」を歌わせたら右に出るもののいない伝説の天才ファディスタ。それがアマリア・ロドリゲス(1920生-1999没)である。(他のポルトガル語圏国家であるブラジルには「Saudade(サウダージ)」、またカーポ・ヴェルデには「Sodade(ソダーヂ)」という似た語彙の言葉がある。)激しいダイナミクス狂おしいばかりの情感に溢れた歌唱法はメリスマと呼ばれる表現法によって特徴付けられる。この歌をしてその魂を揺さぶられない者はいないだろう。

1曲目の「Naufragio(難破船)」が始まるやすぐに悲しみの境地に追いやられる。ヴィオロン(ギター)とヴォイスの掛け合いそして共演がかもし出す特有の雰囲気は、大西洋を望む波止場をイメージさせるに十分である。出会いと別離、海に生きるさだめを感じる。また異色の選曲としては、同じポルトガル語圏の共鳴というのか?10曲目の「Formiga Bossa Nossa」のようにブラジル色の強い曲も挿入されていたりしてちょっとしたスパイスになっている。

1980年代を境にミージアドゥルス・ポンテスといった新世代ファディスタが登場してきた。今再びアマリア・ロドリゲスを聴くことには懐古的な意味に留まらない重要な意味があると思うのだ。

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。

トップページヨーロッパ-ファドアマリア・ロドリゲスCom Que Voz



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年12月28日 | Comment(7) | TrackBack(4) | ヨーロッパ-ファド/ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PONTYさん、TBありがとうございます。
リンク貼りました。
確か私のは6年位前に買ったCDで、恐らくいろんなレコードから寄せ集めた編集盤ではないかと思います。未だパソコンも無くHMVとかアマゾンとか知らなくて近くのCD屋さんで取り寄せてもらいました。
1987年というとロドリゲス後期の作品になりますが是非聴いてみたいです。

Posted by みのむし at 2006年01月06日 17:15
TBありがとう御座います
御察しのとおり、blogに書いたCアマリアのDはこれです。
全盛期の声の美しさは衰えたものの、表現力は素晴らしいと思います
初めてこれを聞いたときに、内容もわからぬまま泪がでました。
Posted by 隅田 at 2006年01月07日 00:21
●みのむしさん、おはようございます。
この作品はなかなかの名作ですよ。ベスト盤を聴くのもいいですが、アルバムは作品としてアーティストの一貫したコンセプトが感じられとても楽しいものです。この手の音楽はベスト盤位しかなかなか手に入りにくい状況ではありますが、良かったらお聴きになってみてください。
Posted by ponty (管理人) at 2006年01月07日 08:04
●隅田さん、おはようございます。
旬を過ぎたアーティストというと、声の張りや潤いはなくなっていますが、その分経験からくるのでしょうか、深みや味わい深さを備えている事が往々にしてありますよね。この作品でのアマリア・ロドリゲスも正にそれにあたるのではないでしょうか。ファドの豊かな情感を表現するのにふさわしい味わい深い歌声は多くの方の琴線に触れることかと思います。
Posted by ponty (管理人) at 2006年01月07日 08:06
はじめまして? かな。
トラックバックどうもありがとうございます。
アマリアロドリゲスいいですね。
ファドですか?
このアルバムは聴いてないんですが、
「アートオブアマリアロドリゲス」だったか
そんな名前のアルバムを聴いた事あります。
「暗いはしけ」という曲がいいなと思いました。
その曲は正確にはファドではないらしいんですけど。解説に書いてありました。
この曲は五木寛之氏の小説なんかによく出て来て、
すごく気になってる曲だったんです。
それで図書館でたまたま、その曲が入っている
アルバムを聴いたと言う訳です。
後に、山崎ハコさんなんかが彼女のファンだという事なんかを知った次第です。
いいですね〜。
Posted by face at 2006年01月09日 17:56
●faceさん、こんばんは。
「暗い艀(はしけ)」は非常に有名な曲でアマリア・ロドリゲスを代表する曲といえるでしょう。フランソワーズ・アルヌール主演、アンリ・ヴェルヌイユ監督の映画「過去を持つ愛情」(1954)において「ファドの家」を舞台にアマリア・ロドリゲス自身が歌うシーンはファドを世界に知らしめるきっかけになったといわれています。
一つの曲をきっかけにそのジャンルに入り込んでいく。ファドの世界はきっと暖かく迎えてくれると思いますよ。どうぞお聴きになってみてください。
Posted by ponty (管理人) at 2006年01月09日 20:04
Com Que Vozは1970年の作品です。

ちあきなおみが難破船をカバーしてましたね。
Posted by tingtong at 2009年11月10日 01:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

■過去をもつ愛情■
Excerpt:                                   フランス映画「過去を持つ愛情」(1954)は、アマリア・ロドリゲスのファド(FADO)「暗いはしけ」が聴けるだけで一見(否、一聴)の..
Weblog: ■Trexの煩悩生活■
Tracked: 2006-01-06 14:13

音楽の質問に答えて次の5人にバトンを渡す
Excerpt: くまりんさんからWEB版ねずみ講のお誘いが来た。こういう選択は趣味がばれるだけで
Weblog: 隅田清次郎残日録
Tracked: 2006-01-07 00:22

今日はちょっとHM以外の音楽話
Excerpt: 今日はお仕事。 でも、そんな仕事らしい仕事してないんだけど。 お客さんが来たから、世間話して終わり。 毎度!papiniだよ♪ 今日はHMではない音楽話。 だからといって、プログレで..
Weblog: 自堕落日記
Tracked: 2006-01-07 21:50

VA - Cafe Portugal (Union Square Music/2004)
Excerpt: 【旧 acid over the rainbow より再録】2005-07-26 仕事帰りにタワレコに行って、なんとなくポルトガルのコーナーをのぞいてみた。 案の定ファドばかり。 それも..
Weblog: acid over the rainbow
Tracked: 2006-01-17 20:12
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。