プロフィール/バイオグラフィー

セザリア・エヴォラ (Cesaria Evora)

セザリア・エヴォラ (Cesaria Evora)

カポ・ヴェルデ モルナ/コラデーラ歌手

セザリア・エヴォラ(1941〜)はアフリカ西海岸のセネガル から西に450キロ程行った大西洋に浮かぶ島カーボ・ヴェルデ のサン・ヴィンセンテ島ミンデロで生まれた。 そのすばらしい歌声と魅力的な容姿でセザリア・エヴォラは直 ぐ注目を浴びた。しかし歌手になるという夢はなかなか果た されなかった。

歌手のバナとカーボ・ヴェルデ女性協会はそれぞれ彼女を招き リスボンで録音させようとしたが、一人のプロデューサーも 興味を示さなかった。1988年、カーボ・ヴェルデの血を引く 若いフランス人ジョゼ・デ・シルヴァがパリでのアルバム製作 を持ちかけた。セザリア・エヴォラはその時47才。失う物は 何もなかった。まだ見ぬパリに想いをはせて、この申し出を 快諾した。

以来、カーボ・ヴェルデの2大音楽であるモルナとコラデーラを 世界に向けて歌ってきた。モルナはポルトガルの音楽ファド の影響を受けた音楽で、「ソダーヂ」と呼ばれるポルトガル 語特有の語感「失ってしまったものを想う甘美なる哀愁」を 歌うスローテンポな曲。一方、コラデーラはアップテンポな ダンス曲。

幾度もグラミー賞にノミネートされ、ついに「Voz D'Amor」で グラミー賞を得た。セザリア・エヴォラ、遅咲きの歌姫は今、 国連の機関である世界食料機構(WFP)の大使も勤め、 その才能をアフリカのために尽くしている。


<レビュー掲載作品>

Cesaria Evora/Cafe Atlantico
Cafe Atlantico
セザリア・エヴォラ1999年の作品。パリとハバナで録音が行われ、現地のキューバのミュージシャンを登用して録音に臨んだ。編曲はジャキス・モレレンバウム。「ソダーヂ」溢れるモルナに、ダンソンやボレロのリズム。少なからず違和感を感じるが、新しい試みといえるのかもしらない

 詳細ページは → こちら
 購入ページは → こちら

Cesaria Evora / Voz D'Amor
Voz D'Amor
セザリア・エヴォラ2003年の作品で、パリにおいて録音された。カボ・ヴェルデ諸島に根付くモルナとコラデーラの音を西洋音楽界に伝える伝道師として、確固たるものを築き上げた作品といってよいだろう。第46回グラミー賞受賞の大傑作アルバム。

 詳細ページは → こちら
 購入ページは → こちら

<関連サイト>
Cesaria Evora

ブログ啓蒙に1日1クリック!よろしくお願いします→ 毎日1クリック!
人気blogランキングへの投票よろしくお願いいたします。



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年12月17日 | Comment(2) | TrackBack(0) | プロフィール/バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます!!
Posted by べにまと at 2005年12月26日 07:15
●べにまとさん、こんばんは。
このサイトではボサノバ ジャズ クラシック タンゴ シャンソン ファド ロマ(ジプシー)音楽 映画音楽 等、世界の「気軽に聴けて心やすまる音楽」を紹介しています。毎日1枚のアルバムを取り上げていく予定ですので今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月27日 04:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。