ジャズ-ピアノ

Michel Camilo / On Fire

Jazz-Rutin-Piano : ★★★★★


誰にでもおすすめできるラテン・ジャズ・ピアノ・トリオの快作

ミシェル・カミロ、 1989年のメジャー通算2作目の作品。 ビルボードによって年間トップ3ジャズアルバムに選ばれた。

「ホワイ・ノット?」「サンタン/イン・トリオ」の2作のアルバムを 既にマイナー・レーベルから発表しており、特に「ホワイ・ノット?」 は、パキート・デ・リヴェラやマンハッタン・トランスファーによって カバーされ、マンハッタン・トランスファーがこれにより1983年 にグラミー賞をとるほどになっていたミシェル・カミロ。 満を持して作成したメジャー・デビューアルバム「ミシェル・カミロ」 は即座に大ヒット。10週連続トップジャズアルバムの座を守った。 そんな中で、翌年発表されたアルバムが「オン・ファイアー」である。

前作と同様に曲によってベーシストとドラマーを使い分けている。 主にアップテンポの曲ではMichael Bowie(b)、Dave Weckl(ds)とのトリオ、 スローテンポの曲ではMarc Johnson(b)、Marvin"Smitty"Smith(ds) とのトリオによる演奏となっている。Lincoln Goines(b)が代わったり、 Marvin"Smitty"Smith(ds)がトラックされたり多少メンバーに変更が あるものの、メンバー構成には前作とさほど大きな違いはない模様。

前作ではコンガにゲストとしてモンゴ・サンタマリアが呼ばれたが、 今回のゲストはフラメンコのラウール。5曲目の「Hands & Feet」 でミシェル・カミロのピアノとラウールのフラメンコタップの共演 が繰り広げられる。この辺の遊び心!?も毎作楽しみにさせられる。

そして、やはり一番の聴かせどころは前作の「Caribe」同様最終曲。 アルバムタイトルの「On Fire」は今までの全ての曲を序曲として、 展開されるエネルギー溢れる快作に仕上がっている。 誰にでもおすすめできるラテン・ジャズ・ピアノ・トリオの快作である。

1.Island Stomp
2.If You Knew...
3.Uptown Manhattan
4.Friends
 (Interlude II/Suite Sandrine)
5.Hands and Feet
6.This Way Out
7.In Love
8.And Sammy Walked In
9.Softly, As in a Morning Sunrise
10.On Fire

Michel Camilo : piano
Michael Bowie : bass  Dave Weckl : drums
Marc Johnson : bass  Marvin"Smitty"Smith : drums
Sammy Figueroa : conga  Joel Rosenblatt : drums
RAUL : flamenco feet

Amazon紹介ページはこちら
オン・ファイアー

↓良ろしかったら啓蒙にご協力下さい↓
人気Blogランキングに投票する!



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年12月14日 | Comment(10) | TrackBack(3) | ジャズ-ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、cocolog の FUSION さんの足跡をだとってやって参りました、boteq と申します。音楽に書かれているブログだったので読ませてもらいました。僕もいろんなジャンルの音楽にまつわるブログを綴っていますので、お時間があれば寄ってやってください。http://blogs.yahoo.co.jp/boteq_blog/
Michel Camilo はアルバム全部持ってます。斑尾ジャズフェスの時の眼鏡をかけた若いドラマー、すごかったですね。ウェックルをコピーしたような感じでした。
Posted by boteq at 2005年12月19日 15:59
●boteqさん、こんばんは。
ミシェル・カミロのアルバムを全部持っているのですか。すごいですね。彼の演奏はクラシックピアノでピアノに入ったせいか、すごくタッチがしっかりしていてメリハリがあるので、ラテンのフレーズも生き生きとして聴こえます。やはり是非生で聴きたいアーティストですよね。
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月20日 00:15
こんにちは。TBありがとうございます。
彼のプレイは洗練されていて本当に好きです。数年前のBBCsymphonyと一緒に演ったアルバムなどを聴いても、この人は本当に才能のある人だなーとつくづく感心します。バカテクなんだけどアルチューロ・サンドバルみたいに下品じゃないし、かといってゴンザロ・ルバルカバほど堅くないし、という絶妙のバランスがとても気に入っています。
今までに観にいったさまざまなライブの中で目下の文句なしのベストワンが、十数年前に東京ブルーノートでみたミシェル・カミロ、アンソニー・ジャクソン、デイヴ・ウェックルのトリオです。あの興奮は今でも忘れられません。今後ともよろしくお願いします。
Posted by kazu-n at 2005年12月23日 02:44
TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきます。
kumacは、正直、ミッシェル・カミロのことはわかりません。pontyさんのサイトはとっても参考になりました。これからもよろしく!
Posted by kumac at 2005年12月23日 05:44
●kazu-nさん、こんばんは。
確かにミシェル・カミロはラテンジャズ的ないかにも陽気なアーティストとは違います。そして、すごく落ち着いていて冷静沈着な性格は演奏にも認められます。でも、ピアノがフューチャーされた曲が似合うところはやっぱりラテンの血を感じますよね。ご指摘もっともだと思います。
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月23日 23:13
●kumacさん、こんばんは。
ミシェル・カミロはドミニカ出身のラテンジャズピアニストです。しかしその活動はラテンジャズに限定したものではなく、ピアノコンチェルトを作曲し自ら初演する等、クラシックの世界でも活躍しています。詳しいことはバイオグラフィに書いておきましたのでよろしかったらご覧下さい。
ミシェル・カミロ (Michel Camilo)
http://music-review.info/article/10774826.html
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月23日 23:18
TBありがとうございます。
ミシェル・カミロは初期の頃から聞いていますが、新しいアルバムを出すごとに洗練され、ラテン音楽が持つ”持って行き場のない悲しさ”の表現力が上がっているように思います。
地方に住んでいますが、フラメンコギタリストのトマティートと来日したときには、上京しライブを堪能しました。
ホルヘ・ダルトと並ぶ、好きなラテンジャズピアニストです。
Posted by Osome at 2005年12月24日 09:13
●Osomeさん、こんばんは。
トマティートとの共演は大成功でしたよね。当初ここまで上手くいくとは本人やプロデューサー達も思っていなかったとか。以後もミシェル・カミロは着々と活躍を続けて毎回聴く者を虜にして離しません。すばらしいアーティストだと心から思います。
Posted by ponty (管理人) at 2005年12月26日 01:43
 お久しぶりですkumaです。ミシェル・カミロの『On Fire』の記事を書いたのでトラバお願いしますね。曲調によってメンバーを入れ替えているんですね。参考になります。
Posted by kumac at 2011年07月15日 11:08
●kumacさん
ページを拝見させて頂きました。面白かったです。
トラックバックさせて頂きました。またよろしくお願いします。
Posted by 日向 葵 (Aoi Hyuga) at 2011年07月15日 14:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

JAZZの名曲”SPAIN"の再来です!!
Excerpt: JAZZの名曲”SPAIN”をスパニッシュギターとピアノ?そんな疑問がでそうなコンビネーションですが、しっかりと世界を作り上げいるAlbumMichel Camilo & Tomatito「SPAIN..
Weblog: Real Music Cafe
Tracked: 2005-12-23 01:26

Michel Camilo『In Trio』
Excerpt:  kumacの家には、買った記憶がない1枚のCDがある。友人から貰ったわけでもないし、貸してもらったわけでもない。だから、自分で購入しないことには家に存在するはずがない。これまで、全く興味がないのに、..
Weblog: kumac's Jazz
Tracked: 2005-12-23 05:37

MichelCamiloLive
Excerpt: 東京オペラシティコンサートホールで行われた、ミシェル・カミロのライヴを観に行ってきました。以前BlueNoteでのライヴが初めてで、観るのは2回目になります。今回はコンサートホールだったので、ちょっと..
Weblog: LivingwithFavorites
Tracked: 2005-12-23 21:52
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。