ブラジル-インストロメンタル

Agustin Pereyra Lucena / Ese Dia Va A Llegar

World-Argentine-Brasillian Instrumental Music : ★★★★★

アグスティン・ペレイラ・ルセーナ、1975年4作目のアルバム。「私のルーツはアルゼンチンにあって、憧れはブラジルにある。」アルゼンチン人のアグスティン・ペレイラ・ルセーナはどうしてブラジルにここまで惹きつけられるようになっていったのだろうか。当時アルゼンチンでブラジル音楽はあまりメジャーとは言えなかった。隣国同士とはいえ、広大な国土を持ち国内でも様々な文化を擁す両国。言語の違いもあり両国の文化はその距離以上に離れていたと思われる。

1.Hace Pocos Anos
2.Garota de Ipanema
3.Pocas Esperanzas
4.Viento Que Va
5.Amazonas
6.Maritima
7.Guayabas
8.Mujer Latina
9.Ultimo Llamado
10.Ese Dia Va A Llegar
   
Agustin Pereyra Lucena を amazon で検索
Agustin Pereyra Lucena を Tower Records で検索
Agustin Pereyra Lucena を iTunes で検索

そんな中、アグスティン・ペレイラ・ルセーナがブラジル文化に触れるきっかけとなったのは、ブラジルから帰国した兄が持ち帰ったジョアン・ジルベルトバーデン・パウエルのレコードだった。そして、それをきっかけにギタリストとしての道を歩み始める事となったようだ。

1970年頃になると、ヴィニシウス・ジ・モライスが、トッキーニョマリア・クレウーザセバスチャン・タバジョス等を伴って度々同国を訪れた。1970年に発表されたアグスティン・ペレイラ・ルセーナのファーストアルバム「Agustin Pereyra Lucena」にヴィニシウス・ジ・モライスによる賛辞が寄せられている。ボサノバ創成期からの詩人ヴィニシウス・ジ・モライスとの交流はアグスティン・ペレイラ・ルセーナのブラジルへの傾倒をより加速させたと思われる。

作編曲からベース、ギター、ピアノ、ヴォーカルといった様々なパートをこなす盟友Guillermo ReuterCarlos Carliの目立たないが安定感のあるドラムに支えられ、一層オリジナリティ溢れるブラジリアンサウンドを模索してきたAgustin Pereyra Lucena。オリジナル曲が作品ごとに増えているのはその表れといえよう。全体の完成度はその後の作品と比べても非常に高く、総合的に評価の高いアルバムだと思う。

1曲挙げるとしたらジョアン・ドナートの名曲「アマゾナス」を挙げたい。様々なところで取り上げられ、多くの場合女性ヴォーカルがピックアップされる。ここでもLaura Hattonによる女性ヴォーカルが取られている。これが素晴らしいはまり役といえる。声質が曲調にこれほど適合したヴォーカルは稀有といえるのではないだろうか。一度聴いたら耳から離れないスキャット。どうぞお聴きになっていただきたい。

Agustin Pereyra Lucena : guitar ,voice  Laura Hatton : voice
Guillermo Reuter : composer/arrenger,bass,guitar,piano,voice  Carlos Carli : drums



posted by 日向 葵 (ひゅうが あおい) at 2005年12月06日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル-インストロメンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Aoizinho's Profile Page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。